雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:タルト編



さくらんぼのクラフティー:650円


グリオットチェリーの酸味がビシッときて、アパレイユの穏やかな甘みと調和。
タルトは掴むだけでホロホロと崩れる焼きの浅い生地で、味だけでなく見た目にも一体感があります。

何となくですが、まだ爽やかさのある初夏をイメージさせる味のお菓子です。



タルトオランジェ・サンギーヌ:750円

前回はオレンジ色のオレンジェでしたが、今回は真っ赤なブラッドオレンジのオランジェ。


見た目から強烈な味がしそうでしたが、わりと穏やかな甘酸っぱさ。
グレープフルーツのような爽やかさや苦味もあります。



タルトポワール・パンプルムース:750円

スペシャリテの1つなのか、訪問時はわりと毎回あります。


今回はグレープフルーツの赤みは薄めで、完熟っぽいみずみずしさ。
酸味はなく、甘みと苦味がジュワッと広がり、洋梨からの甘い果汁もプラス。

ピスターシュのダマンドにも果汁が染みて、何とも言えない芳香に溢れます。



タルトシトロン・アンシエンヌ:750円

こちらも前回に続いて。


前回よりもビターな渋みがくっきりしたような印象。
表面に薄くクリアなナパージュがかかり、そちらの甘みがちょうど良いバランスです。



青リュバーブとピスターシュのタルト:750円

リュバーブのタルトは他で2度食べたことがありますが、酸っぱい野菜というか繊維を食べているだけな感じでした。
昨年もこちらで売らていながらスルーしたほど印象悪いのですが、今回はちょっとお試しくらいの気分で。


青リュバーブとピスターシュが同化しているような見た目。

実際にリュバーブは分類として野菜だと思いますが、セロリとかフキのような繊維質の多い茎といった印象。
しかし、こちらは食べる前から絶対に美味しいことが分かる華やかな果実系の香りがあり。

そして食べてみると、杏子か何か?と間違えそうな甘酸っぱい味と、繊維など微塵も感じない食感。
トッピングのコンフィチュールからは桃のようなまろやかな甘み。 ・・本物はこういう物だったのかと。


フルーツをただそのまま乗せて「◯◯のタルト」とか言っている物とは次元の違う深みがあります。

また今回も、これまでの人生で知らなかった美味しさを経験することができました (´∀`)



2017年5月11~14日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
15℃(渋谷区:モーニング)
365日(渋谷区:パン)
パンとエスプレッソと(渋谷区:モーニング、パン)
ル・ルソール(目黒区:パン)
オレンジカウンティ(世田谷区:クレープ)
ラトリエ・ドゥ・プレジール(世田谷区:パン)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オーボンヴュータン(世田谷区:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆_パリの空の下(東京:パン・フランス菓子) 
TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1582-7e703ccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム