雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

L'atelier de Plaisir(東京都世田谷区) 

2017/05/12 Fri 12:00訪問
ラトリエ ドゥ プレジール


続いてもう1軒パン屋へ。
ハード系なら最も好印象なお店ですが、こちらもなかなか行く機会なく久しぶりに。

開店10分ほど前に行って2番目。開店時には7組ほどの並びでした。



復刻パヴェ:400円


クラストは極めて薄く、クラムは凄い加水量でベチャべチャしないギリギリな感じ。
食感は焼いてない状態の餅をかじったような歯切れと弾力のイメージ。

小麦の香りは強く、甘みと酸味が交互にやってくるような感じで、シンプルながら深みのある味わいです。



ミューズリー エ フィグ:360円


ミューズリーは見た目の印象は薄いものの、食べてみると独特の歯応えと風味。
全体量の半分近くを占めそうなイチジクの主張ももちろん強烈。

まさに穀物と果実を食べていると実感させる物です。



アミティエ(1/2):1264円

1g:4円で、好きな量にカットしてもらっての量り売り。
その都度内容が変わる商品だと思いますが、この時は母の日イベントでラベンダーのパン。


その中身はドライフルーツぎっしりで、パンなのかフルーツ盛り合わせなのかというレベル。

固すぎないハード系で、中は果汁分もあってしっとり、少しモサッと。
生地の全体にラベンダーが香り、フルーツと重なって相乗効果もありますが、パンとしてはややしつこさも感じます。



パン オ フリュイ ルージュ2017(1/2):1148円

こちらは1g:3.5円。
ずっと2014という品名だったように記憶してますが、ついに変わったようです。


水を使わずぶどうの果汁のみで作られた生地に、こちらもナッツやドライフルーツがぎっしりと。
以前は入ってなかったカカオニブが蛇足な気もしますが、ここでしか食べれない美味しさの物です。



ラベンダーのクグロフ(小):690円

生地自体にラベンダーが香り、スポイトにはラベンダーの蜂蜜入り。


表面の揚げたような香ばしさから、中はたっぷりのバターでしっとり、シュッと消えるような口溶け。

コク深く風味豊かな生地に、ブワッと香りの広がるラムレーズン、爽やかなオレンジピールの華やかさ。
強烈な主張を放つそれらの中に、ホッと一息つけそうな優しく穏やかなラベンダーの芳香。

パンがなくてもケーキがなくても、これ1つあれば良いのではと思わせるほど美味しかったです。


何となくですが、こちらのシェフが本気で作るお菓子を食べてみたいなーと感じました。

どれをとってもかなり独特で、唯一無二の存在感のあるお店です。



2017年5月11~14日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
15℃(渋谷区:モーニング)
365日(渋谷区:パン)
パンとエスプレッソと(渋谷区:モーニング、パン)
ル・ルソール(目黒区:パン)
オレンジカウンティ(世田谷区:クレープ)
ラトリエ・ドゥ・プレジール(世田谷区:パン)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オーボンヴュータン(世田谷区:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆_ラトリエ・ドゥ・プレジール(東京:パン) 
TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1587-0a835218
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム