雑食食べ歩き人の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録

OGINO(東京都世田谷区) 

2017/05/13 Sat 18:30訪問
オギノ レッドアンドグリーン レストラン


2夜連続で。



この日は通常メニュー。
前菜のカツオ料理だけ、前日と被るからかアスリート用なのか、別の物を用意してくれました。



この日はビールからスタート。 かなり美味しいエールです。
通販でも少し出てきて、日常的に飲むにはちょっと高いですが、たまに飲むのに買いました。



スパークリング。



TABLE OGINO 無添加シャルキュトリーボード

テリーヌだけ毎回違いますが、いつも間違いない美味しさです。



白。



別メニューになるサラダ。


たっぷりのトマト、オレンジ、そしてモッツアレラがドーンと。

モッツァレラは優しい味わいで、チーズよりはミルクを食べいるような感じ。
トマトとオレンジの柔らかな甘酸っぱさの味付けで、ジンワリと身体に染み渡っていくような感覚があります。



別の白。



赤。 これだとペースが早い気がしますが、実際のタイミングは覚えてません。



2色のアスパラと自家製ベーコンのカルボナーラ

グリーン、ホワイト2種類のアスパラにカルボナーラソース。 パスタはフジッリが少々でメインはアスパラ。
ベーコン・チーズ・玉子と、カルボナーラはアスパラのためにあるのではと思うほど相性抜群です。



赤。

悩ましい選べるメインは、どうしても避けて通ってはいけないような気がした物を。



スペイン産乳飲み仔豚のロースト トリュフのソース

乳飲み仔。
仔牛、仔豚、仔羊とか、子供はわりとありますが、こちらは赤ちゃんという事になります。

そう聞くと、途端に残酷などと感じてしまう人間の身勝手さ。
大人は良くて赤ちゃんはダメなのか、植物は良くて動物はダメなのか、なんて話にもなりそうです。

何かの命を頂いて自分は生きていると実感するためにオーダー、という建前で・・


骨付き・皮付き。やや淡いピンク色は文字通り赤子を思わせるよう。
そして写真では分かりづらいですが、赤子のわりに思ったより大きく、1本で1人前の大きさです。


肉感はキメ細かさを感じ適度な弾力もあり。
母乳しか飲んでない豚だからか、どこかミルキーと言うか乳臭さも感じられます。

皮目はパリッと香ばしく焼かれ、トリュフ香るソースも絶品。
フィンガーボールの水が茶色くなるほど、両手で掴んで貪るようにいただきました。



赤3杯目。



オーガニックオレンジのクレープ・シュゼット

厨房丸見えの特別シート?だったので、デザートも調理するものを。



この日の食後酒はマール酒で。



初めてレシート貰った気がしますが、料理代が安すぎて申し訳ないので、いつも酒代で料理代を超えるように。

安いのはありがたいのですが、低い上限設定では力を持て余すと思うのですよね。
2倍か3倍の価格で特別メニューを依頼してみたいですが、常識的に2人以上でないと失礼なのかなと。

まあ、1人で特別メニュー食っているのも何ですし (;´∀`)

しかし、18時半に来てるのですが、会計が21時半近いですねー。
1人で来て3時間もかけてメシ食っていることになるわけで、我ながら気持ち悪いオッサンだなと。

美味い、安い、ボリュームあり、そして楽しいお店です (´∀`)



2017年5月11~14日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
15℃(渋谷区:モーニング)
365日(渋谷区:パン)
パンとエスプレッソと(渋谷区:モーニング、パン)
ル・ルソール(目黒区:パン)
オレンジカウンティ(世田谷区:クレープ)
ラトリエ・ドゥ・プレジール(世田谷区:パン)
アクオリーナ(目黒区:ジェラート)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オーボンヴュータン(世田谷区:ケーキ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
シンチェリータ(杉並区:ジェラート)
ターブルオギノ(品川区:デリカ)


スポンサーサイト

category: 関東

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_オギノ(東京:フレンチ) 
TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1595-103a338d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム