FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

ベッケライ ミンデン(愛知県北設楽郡豊根村) 

愛知でも最も山奥にあるパン屋。

そして、おそらく愛知県で最もマニアックなパン屋です。



元々は名古屋でやっていたのを移転して来たらしいですが、ずいぶんと辺鄙なところへ。
さらに一般受けしないドイツパンを、コンビニすら1軒もない村で売ろうという勇気。

少し危険なイメージありましたが、だいぶ前に軽いサイクリングがてら行ってみました。

手作り感あるこじんまりした店内と夫婦での経営。
パンの種類はそこそこあり、さすがにドイツパンだけでなくアンぱんやクリームパン、クロワッサンなんかもあり。

ただ、クロワッサンは一応買ってみようと思って近づいたところ、マーガリンの匂いを感じました。
そんな事もあり、なるべく油脂の入らない大きめのパンだけ購入。



バイスブロート:310円

かなり大きいですが、小さく握り潰せそうなエアリーな軽さ。


小麦粉のみのようで、表面は不思議なほどの香ばしい香り。
極めて薄いクラストながらパリッとした歯応えがあり、クラムは引きが強くもっちりと。

粉の風味と強めの塩気だけで、とてもシンプルながら美味しいです。



バルヌスブロート:590円

こちらはずっしりで、決して握り潰せない密度。


半分以上がライ麦と思われ、黒々とした生地にクルミとヒマワリの種がポツポツと。
思ったより歯切れは良く、ワシワシした噛み応えになりますが口溶けは悪くなく。

ライ麦独特の風味ともっさり感、やや後に引く酸味があり、正しいライ麦パンと言った感じです。



バイエリッシュブロート:490円

ラムレーズン入りのライ麦パン。


こちらはライ麦の量も半分以下くらいの印象で、クセも少なく口溶けもまずまず。
ラムもそこそこ染みているので、香りの分なおさら食べやすくなっています。



メアコーンブロート:700円

凄い見た目。


小麦・ライ麦の生地に、オートミール、ひまわりの種、ゴマ、アマニ、他にも何か乗ってそうな感じ。
ボリボリゴリゴリとしますが、それでもうるさい感じはなく、食べているのはパンであるという認識。

全体的に穀物の香りが強烈で、何だか良質なエネルギーを摂れている感覚になれます。



カテン:440円

いわゆるパンドミ。


薄めの耳に、詰まった中の生地はもっちりと。
バターやミルクも入ってますが、ナチュラルに感じられる甘みで、焼かなくても何も付けなくてもいけます。



レーズン食パン:770円

こちらはいろいろ入った軽い食パンで、買ったものでは唯一の日本語表記の商品。


かなりのふんわりした柔らかさで、トーストするとサクサク感も出ます。
さらにバター、ミルク、玉子と旨味成分があり、ラムレーズンとオレンジピールまでも入る豪華さ。

どうも風味や食感からショートニングが入ってる感じがして、個人的に受け付けず。
味も原材料も気にしない知人の元に行きましたが、激ウマだそうで、そう言った分かりやすい物だと思います。


ドイツパンはあまり食べた事ないですが、これまで食べた物との比較ではかなり良かったです。

ただドイツパン以外は見た目からもだいぶ怪しく、リスク覚悟で買ってみたレーズン食パンも予想通り。
おそらくそれらのパンは、ニーズに合わせて仕方なく作っているのかなと。

あくまでドイツパン職人であり、決して悪い意味ではなく、ドイツパン以外はあまりやる気もこだわりもないのだろうと感じました。

ダムカレー食べるよりは良く、ごくたまに山岳サイクリングに行く理由付けにはなりそうです。


スポンサーサイト



category: 東三河

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1610-6f0dcb4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム