食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

kongのライト 

夜とか真っ暗な時間に、ガチで自転車に乗るというリスキーな事をする気はさらさらないですが、今後は自転車旅をする上で、そうせざるを得ないこともあるかなと。

自転車ライトは視界確保はもちろん、存在をアピールして自分を守るためにも眩しすぎるくらいが良いですが、いろいろ調べたところ、なんだかんだでCAT EYEが最も好評な感じ。



僕も通勤用にVOLT400ってのを使ってますが、明るさとしては必要十分で、サイズとしても小さめ、USBでの充電方式も理想的。

つまり、これで何の問題もないのですが・・・


これからサイクリングに使う予定の自転車のドロップハンドルが、丸ではないこんな形ばかりで、ライトを固定するブラケットが付かないのですよねー (;´∀`)

メーターマウントの方には携帯ホルダーを付けるので、ライトを付ける場所がないと。



さらに、駐輪場でライトだけ外して、付けたままのブラケットを盗まれたという苦い思い出も (;´Д`)

で、明るさはひとまず置いておき、取り付け部品が一体型で、何にでも容易に脱着できる物を優先。
そうなると、シリコン式のライト一択になります。



で、knog(ノグ)のライトを買ってみました。

フロント用:Blinder MOB EYEBALLER
リア用:Blinder MINI NINER



knogはもともとスタイリッシュさが好印象で、発売当初の小さな物をいくつか持ってます。
この小さなLED1つでは明るさは足りないですが、補助や予備としては良いかと思います。



シリコン製LEDライトの元祖みたいな感じで、これなら取り付け部分の形状は不問。



USB充電ですが、なんとプラグまで一体化されそのまま突っ込むのみ。
破損とか防水性とか少し気になりますが、もう合理性の極み。



そしてコンパクトで軽い!なんと35gと15g。
今後は輪行という手段も増えそうですが、これなら煩わしさが少し減ります。



どこにでも簡単装着でき、自転車そのものに目立つ突起物がなくなるのも良いのではと。


そして、かなり明るいという口コミも見て買いましたが、予想以上に明るいです。


明るいというか、まさに眩しいという感じ。
ルメーンとか数値上の明るさはVOLT400の方が上ですが、印象としてはより明るく感じます。

使用時間もメーカー公式で、ハイモード2.7時間・ローモード8時間で、VOLT400と同等レベル。

おお・・・これカンペキではないですか?

まあ、実際に長期で使ってみるとマイナス面が見つかるかもしれませんが、僕は究極の理想形な気がします。


スポンサーサイト

category: 機材・用品

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1638-716b6c70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム