食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

洋菓子舗 茂右衛門(東京都国分寺市) 

茂右衛門:その2

ちょっと汚いですが、タルトは断面図も一応。



ランバダ:500円

他でも食べた事のあるココナッツとバナナのタルト。


ココナッツの香り溢れるアパレイユに、シロップ染みたバナナとラム漬けされたレーズン。
こちらではパッションジュースも入っているらしく、さらにトロピカルでジューシーな仕上がりです。



プティ・コンデ:500円

杏子とアーモンドのタルト。


タルト生地は軽めにサクリ、ホロリと。
中には黒々しい皮付きアーモンドと杏子がゴロゴロと入って。

ダマンドではなく卵白っぽさのあるアパレイユですが、こちらからもややビターに香るアーモンドの風味。
間違いない組み合わせで、間違いない美味しさでした。



ル・スィアン:500円

フロマージュ・ブランのタルト。


軽く滑らかな口当たりで、コクも酸味も穏やかなチーズ。

普通に美味しい感じで、逆に言えば、美味しいけれども普通です。



ブルーベリーのクラフティ:480円

ザクザクのパイ生地はバターたっぷりで、焼きが強すぎる感もありますが、香ばしさは強烈。

カスタードプリンのようなアパレイユに、たっぷりの甘酸っぱいブルーベリー。
ただ、それらが霞んでしまうほど生地の印象が強いクラフティでした。



ガトー・ショコラ:400円

これはマニアではない一般客向けなのか、常時あるようで、今まで買う気はなかったですが試しに。

ねっとりはしてなくモフモフ軽い口当たり。
真夏の昼間に外で食べたのもあると思いますが、ややパサついた感じもありました。

チョコレートが良いので美味しいですが、自分で作る物と大きな差はないかなと。
だいたい想像通りで、このお店でわざわざ買う物ではなかったです。



マロン・ショコラ:500円

形と品名からはガトーショコラに栗を入れただけのイメージでしたが、良く見るとずいぶんな違い。

みっちり詰まった生地からはチョコレートの旨味と栗の風味。ふわりとエピスのような風味とマール酒の香りも。
こちらも驚くような物ではないですが、ガトーショコラよりは少し奥がありました。



シュークリーム キルシュ入り:350円

前回に続いて。
キルシュのフルーティな余韻が良く、食べ応えがあります。


このお店に限らず、材料や構成的にこれは普通かなと思う物はやっぱり普通ですね。

食べ歩きによるケーキやパンなどは、どうしてもいろいろな物を1種類ずつという買い方をしますが、リピ店では特に好印象な物を3つずつとかの方が良いのかなと。

本当に良いお店は、何度でも・何個でも食べたいと思わせる物がいくつもあります。



2017年7月8,9日
日栄楼(小田原市:中華)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
茂右衛門
飯田牧場(藤沢市:ジェラート)


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆☆_茂右衛門(東京:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1657-45947b23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム