食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

pâtisserie nicoris(岐阜県可児市) 

2017/07/29 Sat 12:30訪問
ニコリス


続いて可児市に移動して、4月にオープンしたばかりのお店へ。
オーナーシェフはアヴァロンなどで修行された方だそうです。

ショーケースの生菓子は10種類強で、まだ昼過ぎながら1種あたりの個数も少なめ。
他店でもお馴染みな物がいくつかありましたが、そんなにマニアックな物はなかったです。



とりあえず5個購入。



じゃがいものお菓子:450円

入店してショーケースを眺めていたら、店員さんより「当店の一番のオススメです」との案内。
どういった構成なのかもきちんと説明がありました。


見た目から分かりますがしっかり保形されており。
カットしても、プレリュードの物はムニュッとなりますが、スッとナイフが入ります。

やはり口当たりの滑らかさは落ちますが、味の方はしっかりと。
ホワイトチョコの軽やかな甘み、じゃが芋のペーストの味わい、アーモンドの香ばしい生地。

滑らかさもポイントのお菓子だと思いますが、こういう食感も悪くないかなという感じです。



シャルロットポワール:420円

果肉を蓋にしたシャルロット。


ふわりと洋酒が香って爽やかさのある洋梨のムース。
ただ、食べたのが夜になってしまったからか、ちょっと生地がベチャッと。

他のお店の物は夜に食べてもそういった事はないので、最初からそんな感じだったのかなって気もします。



ベルギービールのお菓子:450円


プレリュードの物と同時に食べましたが、ムースの部分は味が強め。
ただ、ビールの風味よりはホワイトチョコの甘みが勝ち、苦味より甘さ寄りの強さです。

黒糖の生地はしっかり美味しいですが、粉糖が多いのもあり、他店よりも全体的に甘い印象でした。



フランボワーズショコラ:450円

こちらもお馴染みですが、トッピングつき。


しっかりした食感の生地、コクと深みのあるチョコレート、キュッと甘酸っぱいフランボワーズ。
ちょっと洋酒の風味が弱い印象ですが、まとまりが良く、どこで食べても安定感あります。



栗とチョコレート:450円


その名の通りチョコレート生地、ホワイトチョコ、マロンペーストなどで構成されており。
普通に美味しいですが、ちょっと単調で、フランス菓子でなく美味しい洋菓子という感じでした。


どれも美味しかったですが、今回の物なら他店でも食べれるので、遠回りしてまで行く必要もないかなと。

オープンしたてなのもあって万人受けしやすそうな物をメインに作っているのか、ずっとそういった方向性なのか、それはまだ分からないので、たまに寄っていこうかなと思います。



2017年7月29日
ダリオール(神戸町:ケーキ)
プレリュード(岐阜市:ケーキ)
プレリュード
ニコリス(可児市:ケーキ)
エピ(春日井市:パン)
ポルカ(尾張旭市:パン)
べべ(東郷町:ケーキ)
べべ


スポンサーサイト

category: 岐阜

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆_ニコリス(岐阜:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1682-8474d329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム