FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

洋菓子舗 茂右衛門(東京都国分寺市) 

2018/03/24 Sat 12:00訪問
茂右衛門


4日目からは2日かけてノンビリと東京から愛知に戻る予定で、その前に久しぶりに国分寺へ。



今回は出ていた中から食べた事のない3品だけ。

昨年もそうでしたが、この日はフレジエが出ておらず。
他にも何度か、その日だけ目当ての物が出てないと言うことがあり、どうも相性の悪さを感じます (;´∀`)

フレジエはどうしても食べたいわけでもないですが、比較のために1度食べておきたかったなと。



チョコレートのショートケーキ:650円

おなじみの構成のショートケーキ。
今回はチョコレートのビスキュイとムースリーヌ、丸いガナッシュ。


生地はしっかりした歯応え、クリームも固めの入りから滑らかな口当たりでスッとした口溶け。
ガナッシュも含めて深みのあるコクを、マール酒の香りがググッと押し上げるように。

後味にはアニス系の余韻があり、チョコレートのみの構成でも重さや単調さを全く感じません。



カライブ:650円

ココナッツとキャラメルのムースにコーヒーのビスキュイ。


ムースはプルンとした口当たりで、甘いココナッツがブワッとしつつ、レグリスと思われる魅惑的な風味がプラス。

コーヒー生地は苦味も酸味も強めで、ところどころナッツがポリポリと。
キャラメルムースも力強い味ながら、主張の強いココナッツとコーヒーのバランスを取っているようなイメージに。

それぞれ単体で凄さを感じますが、何を食べさせたいのか良く分からず、僕のような素人には難解すぎました。



シャトリコロⅡ:500円

焼き菓子系で、常温に戻して食べた方が美味しいとの事でしたが、そうもいかず冷たいままで。


表面は糖衣をまとってシャリシャリと、生地はホロッとしつつネチッとした部分も。
中はオレンジピールの華やかさ、栗のほっこり感、チョコレートのコクなど賑やかに。

味も食感もコロコロかわるがわるの変化があって面白いです。


いつもながら独特の世界観があるような、他のお店にはない魅力を感じます。



2018年3月21~25日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
厨(静岡市:ラーメン)
プティタプティ(静岡市:パン)
かもかし(静岡市:和菓子)
たうち(静岡市:とんかつ)
ターブルオギノ(藤沢市:ビュッフェ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
ちもと(目黒区:和菓子)
かしこ(目黒区:和菓子)
つ久し(目黒区:和菓子)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
ラオシャン(厚木市:ラーメン)
せきの(沼津市:食堂)
沼津バーガー(沼津市:ハンバーガー)
カナキン堂(島田市:ラーメン)


スポンサーサイト

category: 茂右衛門

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1706-8feb58ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム