食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

IL PLEUT SUR LA SEINE(東京都渋谷区) 

イル・プルーのテイクアウト分。



新作5個買って、持ち込みOKのコーヒー店にて。



ル・ルヌヴォー:670円

グリーンアニスやアブサンリキュールを使用という、パンチのきいてそうな印象のお菓子。


グリーンアニスは底のダックワーズ生地に。
そのものの風味を知らないので勘違いかもしれませんが、スパイシーではなく甘い香りがありました。

禁断の酒アブサンは、メインとなるプルンとしたホワイトチョコのババロアに。
アブサンは若い頃に1度飲んで、吐き出しそうな不味さだった記憶ですが、こちらも爽やかなほどの味わい。

ピスターシュの生地やフルーツも華やかで、予想外の爽やかさや温かみのある美味しさ。
久しぶりにアブサン飲んでみようかなとも思いました。



ロカマドゥール:670円


スパイスのきいたキャラメルのムースに洋梨がコロコロと。
生地からは蜂蜜のような甘みとクルミの風味、粗めのクルミの粒もポリポリと。

ベレレーヌというお菓子に似てますが、こちらの方が分かりやすさや明るさを感じます。



アリアンス:670円

コーヒーとヘーゼルナッツのお菓子。


ヘーゼルナッツのバタームースは重すぎないレベルでしっかりしたコク。
クリームにはふわりとしたコーヒーの風味、トップの甘くて香ばしいキャラメリゼ。

特に目新しい部分はない印象ですが、生地には全く違う3種類の構成になっており、食感の変化に面白さがあります。

真夏ではなく冬に食べてみたい印象でした。



ル・ヴレ:670円

何とレンズ豆を使用との事。


アクセント程度に少し入っているくらいと思ったら、そのものがゴロゴロッと。
煮込まれているようなので惣菜っぽさはなく、少し小豆のようなニュアンスも。

チョコレートとの相性も良く、ブルーベリーの甘酸っぱさも全体に膨らみを持たせるように。
ん?お?と言った感じで食べ終えてしまい、ゆっくり3個ほど食べてみたいような味でした。



タルトゥレットゥ・フレシュール・パッション・フランボワーズ:670円


タルトのアパレイユはジュレを挟んでフィナンシェ生地。
カリッとしたタルトに、甘みと香ばしさのあるフカッとしたフィナンシェ、フランボワーズのアクセント。

パッションはハッとするような酸味のジュレを突き破って、クリームはじわじわと広がる甘みがあり。
フランボワーズの甘酸っぱさも相乗効果のように加わります。

さすがに酸っぱすぎるのでは?と言うイメージでしたが、意外と甘みも多くバランスが良いです。


特別にオッという物はなかったですが、どれもまた何度か食べてみたいと思わせる物でした。



2017年8月11~14日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリール(八王子市:パン)
ドゥエトゥレ(八王子市:パン)
ブールブール(八王子市:パン)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オーバカナル(目黒区:パン)
イルプルー(渋谷区:ケーキ)
イルプルー
ノジーコーヒー(世田谷区:コーヒー)
ラ・ヴィエイユ・フランス(調布市:ジェラート)
くるくる(八王子市:食堂)
小河内ダム(奥多摩町:ダムカード)
カタクリの花(奥多摩町:ダムカレー)
ぼんち(甲斐市:デカ盛り)
コンプレ堂(北杜市:パン)
アングーテ(北杜市:ケーキ)
アングーテ
アングーテ
大門ダム(北杜市:ダムカード)
高遠ダム(伊那市:ダムカード)
美和ダム(伊那市:ダムカード)
たけだ(伊那市:食堂)
うしお(伊那市:食堂)


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆☆_イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ(東京:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1732-da078bc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム