食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

逆転クオリア 

朝起きて、いつものように自宅近辺の周回ランニング。



夏場は短めに2km弱のコースを1周ごとに水分補給しながら。

とある実験の話ですが・・
ストップウォッチ1つだけ置いた狭い密室に、1人の人間を入れてしばらくの時間を過ごさせる。

何人かテストしたところ、当然みんなストップウォッチには触れるのですが、そのままストップウォッチで遊べる人、そうでない人がいると。

遊べる人は感覚で11秒11とかを狙ったり、いろいろ工夫してずっと遊んでいられるとの事。
そしてこのタイプは、自分は"1人が好き"という自覚がある人ばかりだそうです。


僕の周回練も同様でして、毎周回ごとに目標タイムを狙ったり、時に途中でテーマを変えながらやってます。

今日は1周8分狙い。もちろんラップを切る瞬間以外は時計を見ずに。



1周目は様子見で入り、最終周は上げましたが、他は見事に±5秒でまとめて。

今回はなかったですが、00秒ジャストでいけたらガッツポーズとかしちゃう、2周連続とかいったら声まで出ちゃいますね (・∀・)



水分補給のため毎周回いったん止まり、坂もあるし、信号はないものの交差点では車との兼ね合いでダッシュしたり減速したりでペースの上下も大きいですが、それらも計算しながらペース調整。

まあ、今回はスイートスポット的な強度なので、やりやすい部分はあります。
ちなみにフルマラソンだと2時間53分ペース、自転車だと体重3.5~4倍くらい?・・知らんけど。

こんな感じなので、僕は周回練の方が楽しいのですが、ひょっとしてぼっち体質の人間の特性なのかなと。


また、僕がランニングやサイクリングを続けられるのも同様で。

やったこと無いですが、サーフィンやスキーなんて楽しいかもしれませんが、その場所に行くのが面倒。
そして、他人だらけの場所で、きっと遠慮しながらやる感じになると思います。

球技にいたっては基本的に仲間がいないと成り立たないので、そもそもぼっちには不可能。

その点、ランニングやサイクリングは1人で可能、外に出るだけでスタートでき、ぼっちには最適です。

ただ、知る限りでは、サイクリストはぼっち体質が少ない、むしろ1人ではダメな人間ばかり。
ランナーは知り合い少ないですが、1人でも大丈夫な人が多い印象を受けます。

多くのランナーは公園などでの周回練が普通で、多くのサイクリストが周回練を嫌う事実も、前述の実験話なんかと結びつくところがあるかなと。

きっとランナーはストップウォッチで遊べる人が多く、サイクリストは少ないと予想します。


で、ランの後は自転車で周回練してたのですが、まっとうなサイクリストの気分を味わってみようと、途中から気まぐれにだらーっと行ってみました。



逆に何が面白いのか分からん。
目的地も目標タイムもなく遠くに向かって走って、よく集中力続くなと・・別に続いてないのか (;´∀`)


周回練が嫌いな理由に「景色が同じで飽きる」とか聞きますが、何度も走った事があって、良く知っているコースってのも同じではないですかね?・・浜名湖1周とか。

あと、自称メンタル弱い人は「嫌になったらすぐ帰れてしまうから」だとか?

むしろ、調子悪かったり気が乗らなければすぐ帰れる、トラブルがあっても家まで近距離ならなんとかなる、それこそが最大のメリットだと思うのですが・・・

そもそも仕事じゃないんだから、嫌になったら止めろよと。
退路を断ってまで距離を稼ごうとするって、ちょっと気持ち悪いです (;´∀`)


と、すごく当然のことを言っているつもりなのですが、現実には僕が極めて少数派なのですよね。
実際にも比喩表現としても、みんなとは見えている風景が違うのかなーと思ったりします。

それって、つまりは・・


そうか。 "天才さん"は、彼らじゃなくて、俺のほうだったのか・・・・


まあ、本当は、昔から知ってたけど (・∀・)


スポンサーサイト

category: トレーニング

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1746-90e4fa93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム