食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

すや(岐阜県中津川市) 

2017/09/30 Sat 13:00訪問
すや 本店


続いて栗きんとんの本家へ。
威厳を感じられる佇まいで、何度も来てますが、この建物を見るだけでも価値を感じられます。

店内も装飾品などは一切なく、お店とは思えない独特の雰囲気があり。
上生菓子や餅菓子など分かりやすい物もなく、通年において地味な商品を作っているだけ。

もちろん個人的な好みの話ですが、店舗としては老舗和菓子屋の理想形です。



栗きんとん:237円


細かく漉されながら粒もコロッと。
ほっくりした噛み応えからスッとした口溶け、栗そのもの香りや渋み、ほのかな砂糖の甘み。

栗そのものの存在感が強く、砂糖と水分量に過剰も不足もなく、理想的なバランスに感じられます。



栗こごり:226円

寒天と栗と砂糖を煮詰めて作られたお菓子。


抵抗がないようなスッとした歯切れに、グラスアローのようなシャリッとした歯ざわりも。
甘さはそれほど強くなく、後味にふわりと栗の風味を感じる程度で、穏やかな味です。



くだものまんだら(栗):216円

6種類ある小さなサイズのようかんで、この栗以外の他5種は品名のとおりフルーツ。
小豆ではなく、それぞれの素材と寒天で作られたようかんになります。

こちらも一般的な栗ようかんのように栗の粒入りでなく、文字通り栗のようかん。
口に入れた瞬間はなぜか小豆のような風味を一瞬感じましたが、その後は栗の風味がじわりと続きます。



くだものまんだら(柿):194円

こちらはダイレクトに干し柿の味ですが、手亡も入っているようで少し豆っぽさも。
好みの味ですが、栗には入らない食品添加物が入っているのがちょっと残念。


栗きんとんは個人的No.1ですが、これまで食べた中では、他の物はそれほどでもなく。
それでも、中津川の和菓子屋ではこちらだけ行ければ良いくらいの満足感のあるお店です。



2017年9月30日,10月1日
ボネロ(恵那市:パン)
ピエニュ(中津川市:パン)
平林(中津川市:とんかつ)
しん(中津川市:和菓子)
おふくろ(中津川市:五平餅)
すや(中津川市:和菓子)
ピエニュ(中津川市:パン)
あまから(恵那市:五平餅)
大津屋(恵那市:和菓子)
中野方ダム(恵那市:ダムカード)
れもん(八百津町:ダムカレー)
丸山ダム(八百津町:ダムカード)


スポンサーサイト

category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆_すや(岐阜:和菓子) 
TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1774-ebd5bb08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム