食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Souris,La Seine(岡山市北区) 

2017/10/07 Sat 11:15訪問
スーリィ・ラ・セーヌ


続いて岡山でのメインとなるこちらへ約2年半ぶりの訪問。

ケーキのみならず、パンやアイスにイートイン専用メニューなど、本家をも上回るほど何でもありの豪華さで、価格設定の方も負けず劣らず。

代官山はともかく、この地でこのラインナップと価格が支持され続けていることに驚きを感じます。



8品を購入。



ウージェニ・ドゥ・ペーシュ・ア・ラ・カネル:605円

桃、ブルーベリー、シナモンのシャルロット。

シナモンのムースはジワリと広がるような香りで、ナッツの風味のあるふんわりした生地との相性良く。
ジューシーな黄桃、甘酸っぱいブルーベリーとの一体感もあります。

特殊な素材ではないですが、これまで経験のない食後感があり、何度か食べてみたいです。



ゴッホのようなバナナ:627円


生地はふんわりした軽さで、それでいてしっかりした歯応えがあり。
ムースリーヌもカッチリした歯切れから驚くほど滑らかな口当たり。

そして生地もムースリーヌもまったりしたバナナの味わいと爽やかな柑橘系の香り。
何度も食べてますが、シンプルな見た目からは想像できない奥深さを感じます。



栗のシブースト:681円


シブーストクリームは滑らかでバニラもちゃんと香り、アパレイユからはラムの香り。
タルトはほっこりした感じでどこか芋っぽさがあり、栗がコロコロ入ったアパレイユとも良く合います。

ただ、終始キャラメリゼの香ばしさがガツンときて、バランスとしてちょっと強すぎる印象もあり。



スリー:681円


それぞれのパーツに力強さがあり、軽い食感の中にドンと感じられる重み。
貴腐ワインのムースやフルーツはしっかり甘く、それでいて爽やかな食後感。

どこで食べても美味しいですが、こちらはまた一段と良かったです。


後編に続きます。



2017年10月7~10日
日記1 日記2 日記3 日記4
タカ(岡山市:パン)
レジャンシック(岡山市:ケーキ)
ドウマエ(岡山市:パン)
スーリィ・ラ・セーヌ(岡山市:ケーキ)
スーリィ・ラ・セーヌ
ムギ(倉敷市:パン)
小豆島(サイクリング)
吉田ダム(小豆島:ダムカード)
なかぶ庵(小豆島:そうめん)
瀬戸よ志(小豆島:食堂)
ミノリジェラート(小豆島:ジェラート)
おっつぁん(笠岡市:ラーメン)
しまなみ海道(サイクリング)
白楽天(今治市:中華)
さんわ(伯方島:ラーメン)
ドルチェ(生口島:ジェラート)
はっさく屋(因島:和菓子)
雑兵(尾道市:ラーメン)
101ブリオ(広島市:パン)
ヒロ(広島市:パン)
キング軒(広島市:ラーメン)
くにまつ(広島市:ラーメン)
みよしの(広島市:和菓子)
ポリポ(広島市:ジェラート)


スポンサーサイト

category: 山陽・山陰

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆☆☆_スーリィ・ラ・セーヌ(岡山:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1807-03ea555a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム