FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

サイクリング紀行:小豆島編 

2017/10/08 Sun

瀬戸内旅行2日目は、1度行ってみたかった小豆島へ行きサイクリングを。
船でしか行けない島としては日本最大の人口の島で、フェリーの発着数も最大だとか。

本州・四国のいろんな場所から発着してますが、今回は紆余曲折ありまして、新岡山港からの往復に。



料金は片道で、大人:1050円、自転車:310円で、往復券を買うと1割引きに。
サイクルーズPASSという、自転車を持込んだ場合に限っての往復割引きのようです。



自転車もしっかり固定してもらえます。



新岡山港からは1時間10分の船旅。



フェリー内は普通のラウンジ。



売店なんかもあり。



で、到着してサイクリングスタート。



フルに島の外周部の道沿いを行くと1周約110kmらしいですが、別に1周する事に意義を感じるわけではないので、その時の状況・気分次第で臨機応変に。


ちなみに、近くの淡路島は1周約150km。
地図で見ると小豆島って淡路島の1/3くらいなのに、本当に110kmもあるの?と。

ただ、実際に110kmくらいなら初心者がチャレンジしやすい距離で、淡路島のようにサイクリングのメッカになっても良さそうですが、そう言う話は聞いた事がありません。

フェリー移動はネックな反面、非日常な旅行気分が味わえる良さもあるのに、何でだろうなーと。



で、おそらく理由としては、坂ばかりな事かなと。
キツイ坂というのはないですが、終始アップダウンが続きウンザリしました。

僕は海外沿いを走りたかっただけで、山間部を走りたいわけではないのですよね。
また、リフレッシュ気分で気持ち良く自転車乗りたかっただけで、練習に来たわけでもないのです (;´Д`)



ここも外周部のルートですが、海岸ではなく、どう見ても山です。



あと、やたらとカニが歩いてます。
そして路面をよく見ると、やたらと轢かれた残骸があります。

さらに1度車に轢かれる瞬間を目撃し、僕も1度轢きそうでした (;´∀`)


まあ、緩いサイクリングには向いてないですが、外周部は観光スポットもなく、交通量は少なく快適さはあり。
どちらかと言えば練習コースに最適です。



こちらは中心部ですが、トンネルも明るく、広く綺麗な歩道があって安心。



本州側の海は汚かったですが、他のエリアはそこそこ。



観光スポットな道の駅からで、ここに行くにもかなり登ります。



エンジェルロード。



日本中どこにでもある恋人の聖地。

三河にもありますが、こういった所はだいたい海岸沿いが多いですね。
島や半島をサイクリングする事の多い僕はけっこう行ってます。1人で (・∀・)



潮の満ち引きの関係で道が現れるようですが、時間外で人も少なく何よりでした。



で、総時間6時間のサイクリング終了。
地図の下の飛び出たところも走っていけば確かに110kmくらいになるのかなーと。

2箇所寄り道しているのはダムです。

この島にダムは4つあるらしく全てダムカードの配布もあるようで、なかなか入手困難なので全部行ってみようと思いましたが、2つ目のダムが食事休憩中で人がおらず、バカバカしくなってダム巡りもヤメました。



標高の断面図。
平らの部分は休憩中・停止中であり、それを除けば完全に坂だけ、おかしい急坂はダムです。

けっこうハードなコースですが、わざわざ旅して来てまで頑張る必要はないので、正しい運動強度にしておきました。

サイクリングを楽しむには微妙ですが、生そうめんとジェラートが美味しかったので、また行くかもしれません。



2017年10月7~10日
日記1 日記2 日記3 日記4
タカ(岡山市:パン)
レジャンシック(岡山市:ケーキ)
ドウマエ(岡山市:パン)
スーリィ・ラ・セーヌ(岡山市:ケーキ)
スーリィ・ラ・セーヌ
ムギ(倉敷市:パン)
小豆島(サイクリング)
吉田ダム(小豆島:ダムカード)
なかぶ庵(小豆島:そうめん)
瀬戸よ志(小豆島:食堂)
ミノリジェラート(小豆島:ジェラート)
おっつぁん(笠岡市:ラーメン)
しまなみ海道(サイクリング)
白楽天(今治市:中華)
さんわ(伯方島:ラーメン)
ドルチェ(生口島:ジェラート)
はっさく屋(因島:和菓子)
雑兵(尾道市:ラーメン)
101ブリオ(広島市:パン)
ヒロ(広島市:パン)
キング軒(広島市:ラーメン)
くにまつ(広島市:ラーメン)
みよしの(広島市:和菓子)
ポリポ(広島市:ジェラート)


スポンサーサイト



category: サイクリング

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1813-3b62fd19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム