FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie101BRIO(広島市中区) 

2017/10/10 Tue 9:30訪問
ブランジェリー 101ブリオ


最終日は広島市中心部に移動して、まずはパン屋からのスタート。

7時オープンで2時間半後の訪問でしたが、商品は半分も出てないような感じ。
そして入店してもしばらく気付かれなかったほどで、どこか活気がないような雰囲気。

商品は全体的に大きく、そのわりに安く、ちょっと嫌な予感でしたがせっかくなのでいくつか。



パン オ ショコラ:220円

クロワッサンがなかったのもありますが、ココアパウダーがふんだんにかかっており、どんな感じかと。


ナイフを入れても食べてもサクサク感がなく、シナッとしているわけでもなく、折り生地とは思えない食感。
バターは入ってますが少量で主張なく、生地の風味やチョコレートの旨みも感じられず。

必要のないパウダーをかけているので、何かを誤魔化してるのかなと穿ったのですが・・
単純にそのままではあまり美味しくないから補強しただけかもしれません。



オザマンド:230円


表面と中にたっぷりのカスタード。
ねっとりした口当たりでコクがあり、カスタードとしてはそこそこ美味しい印象。

全体的にはカスタードとたっぷりな粉糖で、ダラッとした甘みが続いてかなり単調。
全然クロワッサン・オ・ザマンドではないですが、クリームパンという食べ物であればマトモな物です。



カフェラテ:190円


こちらもねっとりとしたカスタード系のコーヒークリームがたっぷり。
コーヒーは苦味もありますが、ベースのクリームやチョコを巻き込んだパンが甘いため、やはり単調な味わいです。



アナナス:230円


デニッシュの生地はサクサク感が少しあるものの風味は弱く。
パインは甘みを引き立たせられ、ナパージュもかかり、カスタードもコクがあって良いです。



ソフト バゲット:300円

普通のバゲットはないのか、まだ出てないのかで、リーンな物がこちらしかなく。


ソフトなので表面は抵抗なくスッと、中は適度な弾力がありふわふわな感じではなく。
全粒粉の香りもありますが、ミルキーな甘みがダラッと続いて、おおむね食パンかなと。


本格的ではなく、あえて子供にも受けそうな方向性で作っているのかなと。
仕事は丁寧さも感じられ、サイズ比では価格も安く、親しみやすい街のパン屋さんな印象でした。



2017年10月7~10日
日記1 日記2 日記3 日記4
タカ(岡山市:パン)
レジャンシック(岡山市:ケーキ)
ドウマエ(岡山市:パン)
スーリィ・ラ・セーヌ(岡山市:ケーキ)
スーリィ・ラ・セーヌ
ムギ(倉敷市:パン)
小豆島(サイクリング)
吉田ダム(小豆島:ダムカード)
なかぶ庵(小豆島:そうめん)
瀬戸よ志(小豆島:食堂)
ミノリジェラート(小豆島:ジェラート)
おっつぁん(笠岡市:ラーメン)
しまなみ海道(サイクリング)
白楽天(今治市:中華)
さんわ(伯方島:ラーメン)
ドルチェ(生口島:ジェラート)
はっさく屋(因島:和菓子)
雑兵(尾道市:ラーメン)
101ブリオ(広島市:パン)
ヒロ(広島市:パン)
キング軒(広島市:ラーメン)
くにまつ(広島市:ラーメン)
みよしの(広島市:和菓子)
ポリポ(広島市:ジェラート)


スポンサーサイト

category: 山陽・山陰

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1823-7c57b8c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム