FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

OGINO(東京都世田谷区) 

2017/10/14 Sat 18:30訪問
オギノ レッドアンドグリーンレストラン


10月のオギノ。



この日もイベントデー。
某ハンバーガー店をもじったイベント名で、もちろんメインはハンバーガー。

フレンチではないですが、オギノがどんなハンバーガーを出すのか楽しみに来ました。



シャルキュトリ盛り合わせ

この日は赤い内臓のテリーヌだそうで、心臓とかレバーかなと。

かなりコクがありつつ果実系の華やかな香りも。
豚血も入っていると思いますが、いつも通り臭みは全くなく、内臓苦手でも確実に美味しく食べられます。

バスク風サラミは程よいスパイス感。

そしてお馴染みの鶏レバーとパンですが、この日のバゲットは素晴らしい仕上がり。
今年食べたパン屋のどのバゲットよりも美味しかったです。



奈良県産茄子と高知県産ブリのレモンマリネ 水菜添え


軽く火の通った焼きナスと、同じく軽い火入れのプリプリのブリ、歯応えの良い水菜。
レモンの爽やかな酸味で押し、サラダと言えばサラダですがパンチ力あります。



牡蠣のベニエ 万願寺唐辛子のロメスコソース

おっ前菜で揚げ物きたと喜んだのですが、牡蠣か・・
牡蠣はフライは食べれるものの、美味しいと思った事がなく。


しかしこちらは生地が、味付けが何か分かりませんでしたがとにかく美味い。
そしてソースからの唐辛子のピリピリ感と、ナッツの様な風味がさらに旨みを加えて。

牡蠣自体の美味しさは相変わらず分かりませんでしたが、これは是非また食べたい1皿に。



牛ヒレ肉とフォアグラのコンフィ トリュフ入りペリグーソース ブリオッシュハンバーガー

本当に説明そのままのハンバーガーが来ました。


ちょっとサービスされてると思われますが、大量のヒレ肉の群れに、大きなフォアグラON。


上のブリオッシュ生地を乗せて。


ハンバーガーなのでガブッといってみましたが、中がステーキなのでムリ。
その巨大ヒレ肉はトリュフの香りの絶品ソースをまとって、いつも通りの間違いない美味しさ。

ねっとり蕩けるようなフォアグラは何とも言えないコクと甘み。
ブリオッシュは香ばしく焼かれ、玉子やミルクの風味たっぷりで甘み強めな仕上がり。

それぞれ極上の美味しさですが、合わせての相乗効果があるかと言われると、ちょっと微妙なところもあり。
肉とソースの旨みに対してブリオッシュが甘すぎたかなという印象で。

それでも、2度と食べることはないだろう究極のハンバーガーを堪能しました。



洋梨のボジョレー風 赤ワイン煮 バニラアイス添え

今回はこれとプリンにて。

イベントなので採算度外視だそうですが、さすがにやり過ぎだろうと。
それでも、またがあるのならハンバーガー単品でも必ず食べに行きます。
 


2017年10月14,15日
ファンゴー(世田谷区:ハンバーガー)
ベーカーバウンズ(世田谷区:ハンバーガー)
モトゾー(目黒区:ケーキ)
ボネダンヌ(世田谷区:パン)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
ターブルオギノ(港区:デリカ)


スポンサーサイト

category: オギノ

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1842-29764721
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム