FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

OGINO(東京都世田谷区) 

2017/10/15 Sun 11:30訪問
オギノ レッドアンドグリーンレストラン


前夜のディナーに続いて、この日も無理やり入れてもらってランチへ。



ランチコースはシンプル。
前菜、スープ、メインは2択、デザートは3種からの選択。



無添加シャルキュトリ オーガニックデリ盛り合わせ

レッド&グリーンレストレランとは肉と野菜のレストランの意味で、その象徴のような迫力ある前菜。



葉物野菜、ポテサラ、大根のビーツ漬け。
色合いも綺麗でオーガニック、もちろんナチュラルな美味しさ。



ボリューミーなソーセージはプレーンタイプで、パリッとして香ばしく、ジュワッとジューシーに。
豚の旨みに溢れ、ふんわりとガーリックがきいて食欲増進。

テリーヌとサラミは前夜と同じ、バゲットも同じで付け合せはバターです。



本日のスープ

かぼちゃのポタージュで、しつこくないトロミ、クリーミーでマイルドなコク。
カボチャの自然な甘みと温かみがジワーッと身体中に染み渡っていきます。



放牧牛ハラミ肉の厚切りソテー 赤ワインソース
鴨モモ肉の皮カリカリ焼き オーガニック野菜添え



メインは図々しく両方お願いしました
しかし、ハーフ&ハーフではなく、ダブル&ダブルくらいの勢いで、骨まで入れると重量1kg級。

仮にスーパーで、大量生産の牛と鶏の生肉を同量買っても、そこそこの金額になると思いますが・・・
放牧牛と鴨で、それを調理して、3千円のコースの1品で出したらダメですが、ありがたく頂きます。



美味いに決まってるグラスフェッドの赤身、完璧な火入れと香りの良い赤ワインソース。
もう、焼肉屋とか行く気がなくなります。



こちらも特に大きいものなのか、少食の方だと1発で終わるサイズ。


しっかりした歯応えから予想以上のジューシーさ、そして肉の味の濃いこと。
ガシガシ噛まないといけない弾力と肉厚さで、月並みですが噛めば噛むほど味が出ると言った感じ。

どちらか1つ選べとなると放牧牛かと思いましたが、これは鴨の方がやや上。

ちなみに全部食べたらシェフが「スゲエ!」と言った量で、通常はこの半分以下と思われます。



フレンチトースト バニラアイスと塩バターキャラメルソース

デザートはまだ食べてなかった物を。
大当たりのバゲットで作られているので、歴代でもかなり上位のフレンチトーストでした。


サービスされすぎで、酒も飲まずに売り上げ貢献しないランチだと申し訳なくなりますが、行ける機会があれば、行かない理由がありません。



2017年10月14,15日
ファンゴー(世田谷区:ハンバーガー)
ベーカーバウンズ(世田谷区:ハンバーガー)
モトゾー(目黒区:ケーキ)
ボネダンヌ(世田谷区:パン)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
ターブルオギノ(港区:デリカ)


スポンサーサイト

category: オギノ

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2018/05/19 17:20 | edit

Re:鍵コメさん

はじめまして、コメントありがとうございます。

そう言えば、あちらのインスタのコメント欄でお名前を見かけた記憶があり、パリ空やオギノのファンでしたら気が合うと思います。

僕もそんなに行けないので記事も少ないですが、また何でも気軽にコメントください (´∀`)

hiccolo #- | URL | 2018/05/19 20:46 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1843-013210a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム