FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie BONNET D’ANE(東京都世田谷区) 

2017/10/14 Sat 10:15,16:45訪問
ボネダンヌ


ハンバーガーハシゴの前に、時間調整のためパン屋に1軒。

池尻・三軒茶屋周辺は少し歩けばパン屋があるレベルで、見かけたお店にてクロワッサン系を1個だけ買って食べてみたりしており、その中では最も好印象だったお店。

人気店なので取り置きをお願いし、夕方に引き取って軽く味見しつつ、翌朝の朝食にて。



クロワッサン:190円


サクサクした軽さもあり、グッとした弾力もある密な層。
バターのコクとミルキーな甘み、それに負けない小麦の風味もしっかりと感じられます。



パンオレザン:280円


クロワッサン同様に生地にしっかり力強さがあり。
バニラ香るカスタードが生地にも馴染み、しっとり感がありつつサクサク感も失われておらず。

バターたっぷりの生地、カスタードもレーズンも美味しく、かなり良いです。



バンズプチ:40円


ふんわり柔らかく、ほとんど抵抗のないような噛み応えからスーッと消えていく口溶け。
風味はほとんどなく、単体で食べるものではないと思いますが、ちょっと不思議な食後感でした。



パングリエプチ:100円


こちらはバリッとした表面とムチムチな噛み応え。
しっかり焼き込まれているので香ばしさ、ほんのりした苦味もあります。

シンプルながら粉自体に力強さがあるので、噛めば噛むほど的な旨みもあります。



焼き立てガレットブルトンヌ:280円

焼き立て表記で裸売りでしたが、買った時には温かくはなかったです。


表面はカリッとして中心部はスッとした歯切れ、シュッと消えて行くような口溶け。
穏やかな味わいからバターの風味がジワジワ広がり、最後の方はかなりのコクを感じます。

もうワンパンチ香りが欲しいですが、シンプルに美味しいです。



ショソン ナポリタン:280円


ザクザクした甘いパイ生地、バニラ香るカスタード、香りよいラムレーズン。
それぞれが良く、別次元の1店を除けばこれまでで最も良いショーソン系でした。



シャル ポンティエ:430円

100g:180円での量り売りにて、ちょうど良いサイズでカットされた物があったのでそちらを。


見た目からかなりの保水量であることは分かりましたが、噛むとジュワッとするほどの水分。
それでもネチャネチャすることはなく、グッとした弾力もあります。

全粒粉の風味も良く、表面の焼きすぎに思うほどのバリッとした歯応えや香ばしさとのコントラストも良い感じです。



ノワゼットシトロン:240円


トップに香りの強いへーゼルナッツがたっぷりで、中はビターなチョコレートがサンド。
かなり重くなりそうなところに、レモンピールのアクセントが入ってバランス良く、ときおり爽やかさまであり。

生地がチャバタっぽいムチムチな弾力なのでパンらしさがありますが、普通の生地なら完全にお菓子かなと。
ただ、パンとしてもお菓子としてもなかなか良い感じです。



パン屋のマドレーヌ:160円

裸売りなので朝焼きと思われますが、存在を忘れており食べたのは翌朝に。


ふかふかした歯応えですが、パサつきはなく口溶けもそこそこに。
優しい甘みから、バターとバニラの香りが柔らかく広がるような味わい。

それほど盛り上がってくるものはないですが、値段を考えるとなかなかで、早く食べればもっと良かったのかなと。


そんなにハズレないだろうなと思ってましたが、この価格設定でこのくらいの物が食べれるなら充分で。
今後は自転車で池尻往復の際には、朝食用のパンや補給食用の焼き菓子を買ってみようかなと思います。



2017年10月14,15日
ファンゴー(世田谷区:ハンバーガー)
ベーカーバウンズ(世田谷区:ハンバーガー)
モトゾー(目黒区:ケーキ)
ボネダンヌ(世田谷区:パン)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
ターブルオギノ(港区:デリカ)


スポンサーサイト

category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1844-ff456025
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム