FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:サンドイッチ編

サンドイッチは10種以上あり全種とはいかない上に、今回の一押し品をなぜかオーダーし忘れて・・・



豚フィレスービット:650円

毎回違う物が出るので、なるべく食べた事のない物を選びたいところですが、いつも買ってしまう定番物。


分厚いですが、スッと切れる柔らかさの中にググッと反発するような弾力。
そして、肉では他に体験したことがないしっとり感。

凝縮した旨みとあっさりした後味で、何度食べても不思議な感覚になります。



あべどりのソースタルタル:750円

あべどりは東北地方の地鶏になるそう。


プリプリしたような身の詰まり方で、しっとりジューシーさもあり。
鶏としての風味の強さがありますが、臭みは全くなく脂肪分もサラッとしており。

タルタルは卵をしっかり残して、鶏と卵の親子パンを楽しめます。



エスパドン セップソース:850円

どうしても肉中心に選びますが、唯一食べたことのない魚介系を。


カジキはこの厚みでも、ギュッと噛みしめての歯切れから、ほろほろと崩れていくような口当たり。
こってりにも感じる味の強さがあり、きのこソースからのコクも加わって旨みの溢れ方が凄いです。

ポルチーニってどんな味かいまいち分かってなかったのですが、最上級くらいのところで理解できた気がします。



子羊のロース肉 マルセイユ風:850円

こちらも分厚いラム肉。


抵抗もなくすんなり噛み切れる柔らかさで、しっとりした口当たりから旨みが広がり。
独特の風味はありつつ、羊買ったけどこれじゃなかったけ?と思うほど臭みが少ないです。

ソースからはトマトやオリーブの風味にシャープなスパイス感。
それらが馴染んで、じんわりと熟成されたかのような旨みを感じられます。



フォンデュブルギニヨン:850円

フォンデュされた肉。


分厚い牛ヒレ肉で、グッとした噛み応えから、ほぐれていくような口溶け。
オイルで煮込んでいると思われ、文字通りオイリーな感覚もありますがしつこさはなく、チャバタともピッタリ。

たっぷりのソースはあっさりめのマヨ系で、黒トリュフの強烈な香りも。
ときおりポリッと歯応えを感じられるほどトリュフがきいており、とても贅沢なサンドイッチです。



プライムアンガス:1000円

最高級のアンガス牛をもサンドイッチに。


香ばしく焼かれた外側と、肉そのももの旨みが伝わるレアな中心部。
赤身の代表的な肉ですが、プライムなので適度にサシも入って、この脂身がまた良い味と食感を演出します。

こちらもトリュフがふわりと香って絶品です。


これ以上の質量のサンドイッチが存在するのか?と思うほど、いつも圧倒的です。



2017年11月2〜5日
ターブルオギノ(藤沢市:カフェ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
オギノ(世田谷区:フレンチ)
みどりや(大月市:和菓子)
ぼんち(甲斐市:デカ盛り)


スポンサーサイト



category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1859-7091d08d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム