食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

2017秋・自転車旅:最終日 

最終日も早朝ランより。

2日間ショボい運動量になり、さらに今日は運動でもないレベルになるのでガッツリ走ろうと思うも、気温3℃にて指先が危うく、3.5㎞だけに。

年々悪化する冷え性ですが、そう言えば、いよいよ安静時の心拍数も30まで低下。
ひょっとして30以下は表示されないのかなと思うくらい、30ジャストの日が多くなりました。

理論上、低心拍なら血の巡りが悪いという事になり、冷え性になるのも自然な現象。

つまり有酸素能力が高いほど冷え性になりうる。冷え性は強い。俺って強すぎ。とか考えながら走って。



脂肪も全然つかなくなり、身体って結局は食べている物で出来るよう。
技術的な問題は別として、フィジカルを高めるのって簡単です。


30分くらい入浴して血行促進させ、9時前に出発。



レバーの取り外し可能なクイック。

わずかな軽量化や空気抵抗軽減もありますが、ホイールの盗難防止に大きな効果があり。
競技志向の人より、むしろツーリング志向の人こそ使うべき部品。

で、自転車の準備をしたものの、最寄り駅まで行ってまた輪行袋へと。

今日は突然思い立った秘境列車の旅に。


地元のJRの路線は飯田線という名称。

東三河においての主要鉄道ですが、あまり電車に乗らない人生で、鉄道にも興味ないので路線なんて考えた事もなく、飯田線という名前だけを認識してました。

しかし、大人になってから乗ったときに「あれ?この電車って長野の飯田まで行くの?」と。

実際には飯田どころでなく、愛知の豊橋駅~長野の辰野駅まで、約200km・94駅。
そんな所を?と言うような山奥も通り、秘境列車とも言われる、日本でもけっこうレアな路線のよう。

だからと言って起点/終点まで乗ってみようとはなりませんが、輪行という選択肢が出来て、漠然とながら片道:自転車・片道:電車をいつかやってみたいなと。

で、今回ちょうど辰野を通るルートだったので、辰野に泊まって秘境鉄道に乗ってみることにしました。

出だしは普通の田舎町であり全然秘境でもなく、飯田辺りからでも良かったかなと思いましたが、そこから見える風景も悪くなく、たまにはローカル線の旅も良いなと。



初めてだからも大きいですが、ずっと車窓から風景を見ているだけでも飽きません。



人が住んでいないエリアに駅があるとかで、何か凄い所を通ったりします。


で、別に終点の豊橋まで行く必要はなく、地元の豊川まで行く必要もないわけで。



愛知県に入っての東栄まで。
ここから自宅までは下り基調の40kmほどなので、最短ルートで行けば電車より早いくらいです。


と、決して順調な旅ではありませんでしたが、無事に帰還。

僕にとって自転車はそのものが目的でなく、フィットネスの1つの手段だったり、移動の1つの選択肢だったり。
そのため自分がサイクリストであるとか、趣味が自転車であるとは自信を持って言えない部分があります。

それでも、たいていのサイクリストより自転車を楽しめているかなと思う4日間でした。


スポンサーサイト

category: 旅行記

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1870-66f80bee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム