FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:その2

ヴィエノワズリー、その他。



ブリオッシュ・パリジャン:250円


鮮やかな黄色で、ここまでの色は他に見たことがなく。
このパンも他店では卵が臭かったり、パサパサで食後感が悪かったり、リスクの大きい物ですがこちらは別物。

ふんわり軽い歯切れ、乾いた感じのない口当たりと、消えるような口溶け。
臭みのない卵の濃厚なコクが、ナチュラルな甘みと溶け合うように感じます。



ブリオッシュ・フイユテ・マロン:650円

今回のフイユテはマロン。


同じブリオッシュ生地でも折り込んであるため、ザクリとした歯切れと重厚さのある口当たりに。
風味もジュッと感じるほどバターリッチな印象になり、濃厚さがさらにアップ。

しっかり仕事された香りの良い栗と、さらに香りを加えるバニラ入り。
ホテルにレンジがあったので、翌朝1つ軽く温めてみたら、フロア中にバニラの香りが爆発してしまいました。



シュルプリーズ ポンム・ア・ラ・フレーシュ:550円

日本語で言えばビックリンゴ的な。


蒸し焼きっぽくなった紅玉が半分くらいゴロッと。
食感はシャクリとした感じとトロリとした感じが合わさったような仕上がり。

蜜が染み出したような甘みとカルヴァドス系の香りがフワリと。
サクッ・ホロッとした生地からのバターやダマンドとも混ざり合って、さらなる相乗効果も感じられます。



タルト・ペイザンヌ:650円

シンプルながら、美しく圧倒的な存在感のフォルム。


厚切りで火の入りも浅いのでシャキッとした歯応え、穏やかな甘みとキュッと引き締まるような酸味。
クリアな色のナパージュが旨みと香りを引き立たせ、さらにバニラも香らせてきます。

フィユタージュ生地は味・食感ともに驚異的ですらあり、どこまでも伸びて行きそうな不思議な感覚を受けます。



栗のクレープ:1000円

栗粉の生地に栗のクリーム。


みっちり詰まった厚みのある生地はモチモチ、少しプルンと感じられる食感。
生地もクリームも深みのある栗の風味が広がり、ときおりブランデーのような香りも感じたり。

構成はシンプルですが、言いようのない深みがあり、クレープとしても栗のお菓子としても究極的です。


こちらも何もかもが別次元でした。



2017年11月2〜5日
ターブルオギノ(藤沢市:カフェ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
オギノ(世田谷区:フレンチ)
みどりや(大月市:和菓子)
ぼんち(甲斐市:デカ盛り)


スポンサーサイト

category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1877-89de815d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム