FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

麺処びぎ屋(浜松市中区) 

2018/02/25 Sun 11:00訪問
びぎ屋 浜松店

20180120161815742.jpg
この日は軽いサイクリングがてら、浜松のラーメン屋へ3軒。
東京に本店があり、ミシュランガイドにビブグルマンながら4年連続で選ばれているそうです。


20180120161936549.jpg
食券機は店外にあり、入り口横の壁に埋め込まれるようにしてあり。

パッと見では何があるのか分かりにくいボタン配置。
大きいボタンの物を売りたくて、あえてこんな作りにしてるのかなーとか思ってしまうほど分かりにくいです。


20180120161948890.jpg
東京の店主が静岡出身のため、この地に支店をオープンとの事。


20180120161956134.jpg
特製醤油らーめん:1000円

スタンダードにして看板商品と思われるものを。
ちなみに全然興味ないのですが、器は有田焼だとか。


20180120162005077.jpg
スープは鶏や豚、煮干しに節系、昆布に椎茸など、ありとあらゆる10種類以上の食材から出汁を取られているそう。

少し鶏油も加えているのか、最初は鶏の風味がきますが、その後は節の風味が押してきます。
他の素材も出しゃばらない程度に、言われてみればあるかなくらいに感じられ。

そんないろんな物から少しずつ取られた旨み成分は、やはり逆に特徴がなくなってしまう部分はありますが、穏やかにジワジワ旨みが湧き上がる感じに。

化調も感じずキレも良く、オーソドックスな醬油ラーメンのスープながら深みを感じます。


20180120162020659.jpg
麺はストレートの細麺で、全粒粉が入っているようで少し香りがあり。
一瞬固めかなと思うも、そうではなく低加水で粉が詰まっている感じの弾力。


20180120162027767.jpg
具は全部乗せみたいなメニューと思われますが、チャーシューはバラ肉の煮豚、肩ロースの焼き豚、蒸し鶏の3種。

バラはホロリとしてたっぷりの脂身に甘みがあり、肩ロースは炙られて香ばしく、鶏はしっとり柔らかく。
味玉は濃いめに味がつき、メンマも2種類で食感に変化があって面白く。


カップラーメンとか出しているらしいのでダメだろうと思ってたのですが、なかなか良かったです。

ちゃんとした料理っぽさもあり、あーミシュランに載るラーメン屋はこんな感じか・・と勝手に納得できました。


スポンサーサイト

category: 静岡

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1969-6d6945d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム