FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

台湾まぜそば はなび(愛知県豊橋市) 

豊橋にも「はなび」ができました。


20180217124452230.jpg
店舗により「麺屋はなび」「担々麺はなび」など分けており、こちらは「台湾まぜそば はなび」となってますが、メニューはだいたい同じで、そんなに意味はないのかと。

並んでいる時に他の客が「店舗によって味が微妙に違う」と言ってましたが、逆に言えば微妙にしか違わないところが、素人でもマニュアル通りで作れそうなチェーン店の味という事になるのかなと。


20180217124505310.jpg
他の店舗でもそうでしたが、開店してから並びの人を1組ずつ入店させるシステム。
後ろに並んでいると落ち着いてメニューを選びにくいので、これは良いのかなと。

どうしても目に入る大きなボタン3つは、スタンダード品ではなく、DXと付いた全メニューの中でも高値の物が配置されてますが、経験上この手のお店はダメですね (;´∀`)

トッピング全部乗せしてバランスが良くなるとか、相乗効果で美味しくなるなんて事はまずなく、客単価を上げたい感が見え見え。

しかし、そんなお店に行ったからには、期待に応えてDXなものをオーダー (・∀・)


20180217124511840.jpg
いろいろ置いてあり、小瓶は何かと思ったら髪どめでした。


20180217124517395.jpg
DX濃厚担々麺:1170円

予想通り、担々麺には不釣合いなチャーシュー、味玉、海苔付き。

20180217124523448.jpg
他店舗にて担々まぜそばは食べてますが、担々麺は初めて。
かなり花椒が香りますが、この段階ではゴマは香らず、オレンジ色したラー油ダレが特徴的。

メインのスープは白い部分になり、豆乳ベースでマイルドかつクリーミーながら、パンチのあるコクもあり。
そこにラー油の辛味、山椒の痺れるような刺激が加わってジンジンくる感じに。

麺は弾力強め、ミンチは肉味噌というものでなくスパイスをまとってピリピリする感じの物。
クセのある大きめの玉ネギからスッキリさを感じるほど、かなり主張の強いもので構成されてます。

そんなジャンク感のあるオリジナルな担々麺であり、このお店としては正しい方向性と思われ、残念ながら嫌いではないです (;´∀`)


最近思ったのですが、どうも東三河という地域は、他の食文化を受け入れないところがあるのかなと。

他県の郷土料理が売りのお店ってほとんど見ないし、同県の名古屋めしのお店すらほぼないし、仮にメニューにあってもアレンジしている事が多いイメージ。

かなり業務拡大しているチェーンがきても、わりと早々と撤退したりします。

ラーメンも、人気店は淡麗中華そばタイプの正統派というか直球系が多く、新ジャンルの人気店はほぼなく。
まぜそば・つけ麺も少なく、二郎系も流行らないし、天下一品とか来てもダメだろうなと思われます。

飛ぶ鳥を落とす勢いのこちらが、豊橋でどれくらい持つのか興味深いところです (;´∀`)


スポンサーサイト

category: チェーン店

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/1995-bd93344c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム