食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

木の長きを求むる者は必ず根本を固くす 

それほど体力の衰えはないようですが、とりあえず基礎からやり直しつつ、ちょいと肉体改造も試みるトレーニングをしていこうかなと。

とは言え、球技ならば素振りとかボールの扱いに慣れるとか、分かりやすい基礎練習があるも、持久系スポーツの基礎練習っていったい何だと考えると・・・

1人で無理なく、冷静に物事を判断できるくらいの強度&時間で、フォームや力の入れ方・伝わり方を意識しながら走り込む事かなと。

じゃあ俺、ほとんど基礎しかやってきてないな・・と気付きました。


で、朝起きて粉々になるほど身体をほぐし、飽きるまでゴルフの素振りをして、散歩程度の強度でランニング。



余裕で100㎞走れそうなペースですが、はたして実際いけるのか・・試してみたくはあります。



フォームや走法はいろいろ試してみたものの、ランニングで新しい発見はない気がしました。


続いて自転車はあえてローラーで。



途中から1時間220Wくらいで流すだけ。

計測はパワータップですが、ひょっとしてパワータップってもう絶滅してたりしますかね?



ガチで乗るとケイデンスは100~110ですが、ちょっと意図して踏んでみて。

しかし、やはりそこから学ぶことはなく、今さら確認は必要なかったかなと。


持久系スポーツはコツを掴んで急にレベルアップするとかはなく、努力の積み重ねですが、それでも自転車の場合、初心者でも手っ取り早くある程度のレベルまでいける練習もあります。

そう聞くと、なんとも魅惑的な方法に思えるし、さらに何も考える必要もなく、苦労のない手段でもあります。

ただ、伸びシロって無限ではないので、確実にその後は伸び悩みます。
そして、ラクしてそこまで辿り着いているので、自力で壁を越える術を知らない、見つけれないだろうなと。

そもそも最短距離を進めば、必要最小限の事しか知ることができないわけで・・・

手っ取り早い練習方法とは、例えるならば、問題を理解せずに正解だけ丸暗記する事と同じです。

まあ、ただの個人の趣味なら正解・不正解はありませんが、どんな分野であれ、手っ取り早さを求める事と基本をおろそかにする事は同意であるのは理解すべきです。


続いてジムで筋トレ。



アップデートにより、手動ですがエクササイズデータを残す事が可能になりました。



少しだけ筋肥大してみようかと、これまでより負荷を上げて回数減らして。
ダンベルは友達・・バーベルは恋人・・・もう何も恐くない。私、1人ぼっちじゃないもの・・・・

水泳はもういいかなーと言う感じなので、ジムに行く必要もあまりないかなと。
怪しげなウエイトマシン買って、新しい家族というポジションにしようかしら・・・


まあ、基礎が重要なんてさんざん言われている事ですが、20年ぶりに真剣に格ゲーやって身をもって思い知りました。

見切っているのに、読み通りなのに、技を出すのがワンテンポ遅れたり、信じられない入力ミスをするもどかしさ。

末永く真面目にやりたい事なら、基礎をおろそかにしてはいけません。


スポンサーサイト

category: トレーニング

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/2026-6bb7ded1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム