食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

patisserie PARTITION(浜松市北区) 

2018/03/18 Sun 12:00訪問
パルティシォン

20180318140345951.jpg
久しぶりで、気づいたら1年ぶりの訪問に。

サイクリングで良く通る道沿いですが、往路はまだ開店前で、復路は遅い時間になってたり別ルートで通らなかったりで、なかなか機会がなく。

いろいろ試行錯誤あるようで、フランス菓子店ではなく洋菓子店でいくよう。
フランス菓子店と名乗って洋菓子しか売ってないお店がほとんどの中、真面目な考えのお店であるとは思います。


20180318140056544.jpg
ガチガチの洋菓子でもガチガチのフランス菓子のラインナップでもなかったですが、3品をイートイン。



パルティシォン:420円

店名を付けられたお菓子で、ガナッシュ・チョコクリーム・チョコ生地・チョコムース・ダックワーズ生地の層。


チョコレートづくしで、ねっとりしたガナッシュやバタームースの質感もあって重厚感が強め。
ただ、カカオ由来かシロップなのか、全体的に果実系の酸味があって重苦しいまではいかず。

ちょっと繋がりに欠けるような印象がありますが、見た目や構成からイメージするほどのしつこさはなかったです。



シャルロット・オ・ポワール:420円

底がダックワーズ生地ですが、基本構成はイルプルーの物のよう。


ビスキュイ生地はふんわり・さっくりして、ダックワーズ生地は水分吸って惜しい感じ。
ポワール入りのムースは爽やかで華やかさもありますが、香りが弱いため全体的に軽すぎる印象に。



フレジェ:420円


生地はパン・ド・ジェーヌでフカフカとし、アーモンド風味は弱め。
クリーム部分はねっとりしてほぼカスタードですが、ほんのり果実味が感じられコクや濃厚さもあり。

苺はちゃんと仕事されており香りも良く、トップのクリームにもチープさはなく。
某店のフレジエと比べれば"違う"となりますが、美味しいイチゴのケーキと言った感じです。



サービスでマドレーヌ付き。


手のかかった物を作られている中で、何かちょっと惜しい感がありますが、立地からの客層や価格設定を考えるとそうせざるを得ないのかなと。

それでも三河のほとんどのお店よりは良く、今後もなるべく行こうかと思います。


スポンサーサイト

category: 静岡

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/2041-3593d9f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム