FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

かもかし(静岡市清水区) 

2018/03/21 Wed 12:45訪問
かもかし


続いて駅方面に向かう途中で見かけた和菓子屋へ。
ちょうど春の彼岸である事を思い出し、良さげな雰囲気だったので寄ってみました。

この日は臨時営業だったようで、上生菓子はなく、彼岸用のおはぎと餅菓子が数種類だけ。
その全てが上生菓子のような小ぶりなサイズでした。



1口でほおばれる程度の大きさです。



牡丹餅(粒):216円

ぼた餅が3種類あり、スタンダードなタイプ。


餡は完全な粒ではなく、こし餡に粒を混ぜているような感じで、もち米も潰しておらず、米の原型を残した状態。

餡はみずみずしさがあり、穏やかな甘みからスッキリした後味。
もち米はふっくらしてますが、餅菓子を食べている感覚はなく、言うならばあんこ飯ですね。



牡丹餅(牡丹):216円

こちらは逆転し、もち米で餡を包んだタイプ。


キメ細かなこし餡になり、滑らかさが増してより上品に。
ピンク色の物は塩漬けされた桜の花びらのようで、ピリッとした塩気が全体を引き締めます。



牡丹餅(しらぬいみそ):216円

不知火みかんに見立てたと思われる物。


口に入れた瞬間に爽やかな柑橘の風味がふわり。
餡ではあるのですが、果実味に加えて味噌の風味もやってきて、不思議な感覚があります。



豆大福:216円

ぼた餅より一回り大きいですが、平均よりは小さく、1口半くらいかなと。


餅は固めの歯触りからグニッと入り、プツンとするような歯切れ。
豆には塩が強めにきいており、豆自体の味にも力強さがあります。


餡が美味しいので、全体的な印象は良かったです。
やっぱり和菓子って、原材料的に餡がかなりのウェイトを占めるのかなと。

豆大福1つとってもサイズを考えるとかなり高いのですが、こういった和菓子店が普通にあるエリアは本格志向のお店も多いと思われ、この辺りを1度ブラブラしてみたい感じにさせてくれました。



2018年3月21~25日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
厨(静岡市:ラーメン)
プティタプティ(静岡市:パン)
かもかし(静岡市:和菓子)
たうち(静岡市:とんかつ)
ターブルオギノ(藤沢市:ビュッフェ)
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
ちもと(目黒区:和菓子)
かしこ(目黒区:和菓子)
つ久し(目黒区:和菓子)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
茂右衛門(国分寺市:ケーキ)
ラオシャン(厚木市:ラーメン)
せきの(沼津市:食堂)
沼津バーガー(沼津市:ハンバーガー)
カナキン堂(島田市:ラーメン)


スポンサーサイト

category: 東海

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/2047-91e5741f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム