FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Les gens chic(岡山市東区) 

2018/05/07 Mon 13:15訪問
レ ジャン シック


続いてもケーキ屋へ。
今回の旅は結局こちらで最後になりました。



こちらでも5個を。



デズィールローズ:500円

フロマージュブランのムース、苺のジュレ、ビスキュイの構成。


爽やかなチーズの風味のムース、甘酸っぱいジュレ、しっとりしてアーモンドの味わいのある生地。
それぞれ美味しいですが、全体的に穏やかで、マリネされた苺だけとても香りが良いくらい。

500円という枠で作られていると思いますが、もう少し大きい方が・・という感じもありました。



プレジタン:500円

売られているのは初めて見た古典菓子。


プラリネのバタームースはグッとくるほどコクがあり、トッピングもパリパリッと賑やかに。
小気味よいサクサク感のあるメレンゲと、ジワリと苦味を加えるキャラメルの風味。

本来の物とは違うかもしれませんが、イメージしていたより美味しいお菓子でした。



食いしんぼうの誘惑:500円


パッと鮮烈な香りのパッションのムース、苦味の強いキャラメルのムース。
しっかり風味のあるピスターシュの生地を加え、ところどころに強烈にラムをきかせたレーズンが入って。

リキュールの香りもしっかりあって、喉の奥がほんのり熱くなるほどのアルコール感も。
久しぶりに良い意味でパンチのきいたお菓子を食べました。



タルト・ココ・エ・カシス:500円


半分以上を占めるココナッツムースに、紫色のカシスクリーム。
すごい味がしそうですが、ともに柔らかく穏やかな甘みと香りがあり、軽やかでスッキリした感じに。

場面を選ばず毎日食べれそうな美味しさがありました。



フォレノワール・ピスターシュ:500円


グリオットはキルシュがしっかりきいて、ピスターシュの香りとともに妖艶なイメージに。
チョコレートのムースもコクがあり、土台のザクザクした生地がとても良いアクセント。

後味に少し重みはありますが、美味しいフォレノワールを食べた気がします。


分かりやすい部分はもちろん、細かなところまでちゃんと美味しく、とても満足度の高いお菓子でした。



2018年5月4~7日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
ヤマウチ(西宮市:パン)
ビオブロート(芦屋市:パン)
ビオブロート
ビオブロート
エイジニッタ(西宮市:ケーキ)
コンセントマーケット(西宮市:パン)
トリコ(西宮市:パン)
ヨシカワ(西宮市:パン)
ジヴェルニー(西宮市:ケーキ)
あかねや(西宮市:とんかつ)
ラクロワ(伊丹市:ケーキ)
村上井盛堂(大三島:和菓子)
台ダム(大三島:ダムカード)
汐待亭(生口島:カフェ)
クルーザー(大三島:喫茶店)
ウシオチョコラトル(向島:チョコレート)
新楽食堂(向島:食堂)
シゲ(向島:ラーメン)
ルリヲン(因島:カレー)
岡哲商店(生口島:デリカ)
玉木商店(生口島:デリカ)
わか葉(生口島:和食)
フェリーチェディツッカ(生口島:カフェ)
島ごころ(生口島:カフェ)
升家(倉敷市:ラーメン)
ふるいち(倉敷市:うどん)
オクサリス(倉敷市:ケーキ)
ムギ(倉敷市:パン)
プティブーレ(倉敷市:ケーキ)
鎧(岡山市:天ぷら)
スーリィ・ラ・セーヌ(岡山市:ケーキ)
レジャンシック(岡山市:ケーキ)


スポンサーサイト

category: 山陽・山陰

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/2127-de592423
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム