FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

PâtisseriePETITBOULÉ(岡山県倉敷市) 

2018/05/07 Mon 11:00訪問
プティ・ブーレ


続いては車で少し移動し、もう1軒ケーキ屋へ。
こじんまりしたテナントの店舗で、この時はオーナーシェフが接客まで1人でやられていました。

店内には「九州産の純生クリーム、フランス産ショコラ、スペイン産アーモンドなど厳選した食材を使用」などと書かれた張り紙がありながら、商品はほぼ400円以下という安さ。

品名は良さそうでも、見た目を無駄に華やかにした物が多い印象でした。



安かった事もありますが、期待を込めて6品購入。



ゲアキル・ジャスマン:378円

こちらのスペシャリテになるそう。


品名からしてチョコレートはペックのゲアキルと思われますが、本来の力強さに欠けるところもあり、何か混ぜているのかひょっとしたら全然違う物なのか。

生地はジャスミンのシロップ打たれ、ちょうど良いしっとり感はあるものの、ジャスミン自体の主張が弱め。
問題なく食べれる味ですが、期待したような感じではなかったです。



フェルナン・ポワン:390円

同じくスペシャリテの位置付けのよう。


ナッツの風味の生地に、プラリネ、バニラ、チョコレートのクリームがサンドされ、マルジョレーヌ的な物のよう。
しかし、味も香りも薄く、生地やクリームの口当たりも良くなく、不味くはないですが美味しい部分もない感じ。



フランボワーズ・ショコラ:388円


フランボワーズのムースは薄い味わいですが、洋菓子風のチープさはなく。
ただ、ミルクチョコのスポンジ生地とクリームはかなりのチープさで、どこか残念なバランスに。

トッピングのベリー3種とソースも、味のバランスとしては不要と言うか、ジャマまであります。



ピスターチ・ショコラ:388円


ピスタチオのムースはビターアーモンド系の香りの良さはあり。
ただ、色同様に薄すぎる風味なため、チョコレート部分に押されっぱなしに。



カシスとホワイトチョコ:388円


カシスのムースはスッキリした酸味、ホワイトチョコクリームも軽めの甘みとコクで穏やかなバランス。
こちらのトッピングは栗まで乗ってムダすぎる派手さがありますが、イメージとは違ったおとなしさでした。



白ワインのケーキ:378円


たっぷりのムースはミルキーさが強めで、ほんのりとしたワインの香り。
スッキリした柔らかな甘みがダラッと持続していく感じで、単調にはなります。


特別なものはなかったですが、値段からは充分で、気軽に行ける町のケーキ屋さんとしてはとても良いのかなと思います。



2018年5月4~7日
日記1 日記2 日記3 日記4 日記5
ヤマウチ(西宮市:パン)
ビオブロート(芦屋市:パン)
ビオブロート
ビオブロート
エイジニッタ(西宮市:ケーキ)
コンセントマーケット(西宮市:パン)
トリコ(西宮市:パン)
ヨシカワ(西宮市:パン)
ジヴェルニー(西宮市:ケーキ)
あかねや(西宮市:とんかつ)
ラクロワ(伊丹市:ケーキ)
村上井盛堂(大三島:和菓子)
台ダム(大三島:ダムカード)
汐待亭(生口島:カフェ)
クルーザー(大三島:喫茶店)
ウシオチョコラトル(向島:チョコレート)
新楽食堂(向島:食堂)
シゲ(向島:ラーメン)
ルリヲン(因島:カレー)
岡哲商店(生口島:デリカ)
玉木商店(生口島:デリカ)
わか葉(生口島:和食)
フェリーチェディツッカ(生口島:カフェ)
島ごころ(生口島:カフェ)
升家(倉敷市:ラーメン)
ふるいち(倉敷市:うどん)
オクサリス(倉敷市:ケーキ)
ムギ(倉敷市:パン)
プティブーレ(倉敷市:ケーキ)
鎧(岡山市:天ぷら)
スーリィ・ラ・セーヌ(岡山市:ケーキ)
レジャンシック(岡山市:ケーキ)


スポンサーサイト

category: 山陽・山陰

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/2159-5ec2c722
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム