FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:タルト編



赤リュバーブとマラデボワ:750円


トロッとしたマラデボワが鮮烈な芳香を放ち、負けじとダマンドからのアーモンドの風味もにじり寄るように。
リュバーブの存在感が薄いかなと思った瞬間、華やかな甘酸っぱさが追いかけるように広がって。

今回はフランボワーズのように感じた赤リュバーブですが、それ以上に全体の一体感が驚異的。
途中おや?あれ?と思わせるところがありつつ、ものすごく綺麗な着地を決めたイメージです。



青リュバーブとキウイ:750円


視覚からの印象もあってか、こちらは爽やかな風味が強めに。
青リュバーブはピスターシュと相まってか杏子のような風味、さらになぜかトロピカルな甘みも感じられ。

不思議な香りの広がりが何なのか、確かめながらあっさり2個食べ終えてしまい、謎のまま終わりました。



タルト・シトロン ニソワーズ:750円

以前にアンシエンヌという物は食べてますが、このニソワーズは初。


トロリとしたレモンクリームですが、色としてはオレンジ。
味の方もオレンジに近いような風味がありつつ、トロピカルさも感じられ、後味には爽やかなレモン風味の余韻。

ねっとり絡んでくるようなクリームの口当たりから、濃厚な柑橘の甘みと酸味が代わる代わる押し寄せて。
美味しいのはもちろんですが、奥行きの深さに食べててビビります。



タルト・エレール:750円

実物を見るのは初めてになるエレール。


口の中でクチュッと潰れて鋭角的な酸味が一瞬広がりますが、その後に追ってくる甘み。
酸味とビターな風味のあるエレールを、ピスターシュやナパージュが甘美な物に変えていくように。

エレール単体が美味しいのかは良く分かりませんでしたが、このタルトは驚異的な美味しさです。


今回はどれもめくるめく甘みと酸味の共演。
入口からと出口からでは、見られる景色が全然違った・・・といった感じでした。



2018年6月14~17日
日記1 日記2 日記3 日記4
パリの空の下(世田谷区:パン)
パリの空の下
パリの空の下
パリの空の下
ハセガワ(渋谷区:洋食)
スミカ(渋谷区:洋食)
モトズキッチン(渋谷区:デリカ)
あげもんや(杉並区:食堂)
唐木屋(世田谷区:角打ち)
オギノ(世田谷区:フレンチ)
大ちゃん(静岡市:食堂)
みはる(御前崎市:魚介)


スポンサーサイト



category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/2185-628a7fb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム