FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

pâtisserie MOU(長野県塩尻市) 

2018/07/16 Mon 10:00訪問
ムゥ


続いて、近くにフランス菓子店があったので行ってみる事に。

3年ほど前のオープンで、田舎町のパティスリーにしては珍しくマカロンを主力商品として押しているよう。
他にも生菓子、常温の焼きっぱなし菓子、焼き菓子などひと通りあり。



マカロンはやめておき、生菓子と焼きっぱなし菓子を4つずつ買ってみました。



パルファン:500円


バラの香りのグラサージュ、フランボワーズムース、さらにライチが入り、形は違えどイスパハンの構成。

どんな感じかなと期待しましたが、バラの香りが強すぎ、ちょっと嫌味があるような香り方。
フランボワーズは悪くない気もしますがが完全に負け、ライチも押されて、相乗効果は感じられず。

完全オリジナルであれば「お?」と思ったかもしれませんが、イスパハンと比べてしまうと・・という印象でした。



タルト・シトロン:500円


レモンクリームは濃厚で強めの甘みと酸味。
ジュレも乗り、中にはパイナップルが入り、焼きの強いタルトは焦げを感じるほど香ばしく。

かなり濃い味だなーという感じで、分かりやすい美味しさはあります。



リュバーブ:330円

ポンポネットと名付けられた焼きっぱなし菓子がいくつかあり、そのうちの1つ。


パイ生地の器にダマンドと青リュバーブが入り、トップはフランボワーズ。

パイ生地はホロホロと、ダマンドはホクホクした食感で、バターとバニラの風味はそこそこに。
リュバーブは探さないと分からない程度の量で、フランボワーズはチープな方向に加工された感じ。

この構成にしては酸味よりは甘みが断然強く、品名のわりにリュバーブの存在感が全くないですが、何も気にしなければ普通に美味しく食べれます。



アナナ:330円

こちらもポンポネット。


細かなコンポートのようなパイナップルがコロコロと入り、爽やかさのある甘酸っぱさ。
リュバーブの方もですが、クリームは少しフランジパーヌっぽさもあり、味の強さは感じられます。


後編に続きます。



2018年7月14~16日
日記1 日記2 日記3
古畑(諏訪市:うなぎ)
ぺぱん(茅野市:ジェラート)
けろっく(茅野市:パン)
六花(下諏訪町:ジェラート)
丸一(下諏訪町:とんかつ)
力亭(上田市:とんかつ)
ナガイファーム(東御市:カフェ)
のんのん(長和町:食堂)
桔梗(塩尻市:そば)
ムゥ(塩尻市:ケーキ)
ムゥ
奈良井ダム
味噌川ダム


スポンサーサイト



category: 甲信越

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/2228-193489d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム