FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

IL PLEUT SUR LA SEINE(東京都渋谷区) 

イルプルーのテイクアウト品。値段はメモし忘れました。



レリゼ

ブランマンジェと栗のババロア、グレープフルーツとリンゴなど。


アーモンド生地から軽い洋酒の風味とダイスのアクセント、ブランマンジェ部分も香り良く。
その間の栗はパッとせず、フルーツも浮いた感じで、バランス的にメレンゲも多すぎる印象。

どうも余分に賑やかすぎたような感覚があり、似たようなお菓子で「ロワイヤル」という物がありますが、食べるならそちらで良いなと。



ディヴェルション

ドーム型のチョコムースの中に洋梨、キャラメリゼしたポップコーンとピーナッツ。


チョコレートはムースリーヌっぽい口当たりで、ちょっとしつこさを感じるほど濃厚。
食感の方はポップコーンが常に主張して、これまで食べた事のない感じではあり。

ポップコーンが好きかどうかによると思われますが、個人的にはどうしてこうなった?と。



ル・トリアノン

ライムのダックワーズ、ピスタチオのビスキュイ、ソーテルヌのムース、メロンとフレーズデボワ。


これは好きな物が詰まっている系で、それを差し引いても満足する美味しさ。
うっとりするような貴腐ワインの香り、ミントの清涼感、旬の過ぎたメロンも味は弱いものの相性良く。

軽いのもあり、一瞬で食べ切って飲み切ってしまったほど好みの味でした。



エモーション・エグゾティック

パイナップルとパッションのシブースト。


これは危うい気がしましたが、アパレイユもクリームもゴワゴワ。
味の方は好みで美味しく感じましたが、食べるのがキツく感じるほど厳しい仕上がり。



コンフィダンス


厚いメレンゲにスライスアーモンド、キルシュ浸したブリオッシュ、中にフランボワーズとライム。
見た目の通りポロネーズ、普通に美味しく食べれるポロネーズで、それ以上でも以下でもなく。



タルトゥレットゥ・ルネッサンス・オ・フリュイ・セック


常温販売で、かなり滑らかで緩い感じのガナッシュ。
キャラメルの風味やカカオ生地も相まってとても濃厚で、甘みより酸味や苦味がグッと迫るように。

タルトショコラのイメージの枠を超える物ではないですが、しっかりした美味しさです。


こちらでは、ムースリーヌやシブーストクリームは絶句するほどのハズレを引く事がありますが、年に3回くらいしか行かない事を考えると、さすがにちょっとな・・と。

今後はアイス屋さんとしての利用ですかね。


スポンサーサイト

category: イルプルー

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/2344-4af6f0ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム