FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:その2



ヴィエノワ・ナチュール:250円


噛んだ瞬間からホロッと崩れるような柔らかさながら、みっちり詰まった食感。
シンプルながら濃厚な旨みが溢れ、口溶けの良さがもったいなく感じるほどに。



ヴィエノワーズ・ノア:350円


同じ生地でも、クルミが入るとかなりワイルドな印象に。
口当たりの良いヴィエノワの甘さと、香ばしいクルミが同時に口の中に満ちます。



パン・オ・レザン:300円


ふっくらして自然な甘みのパンオレ生地、クリームから香るバニラ、スッキリした甘みのレーズン。
他店のようないわゆるデニッシュ生地ではないので食感のインパクトはないですが、旨みが違いすぎます。



すみれとクエッチェのションソン:850円

バイオレットの花と、バイオレットな果実。


ザクザクハラハラッとしたフィユタージュ生地。
破片が飛び散りますが、一欠片も捨て置く事ができないほどの旨みがあり。

中は果肉感も残したコンフィチュールのような仕上がり。
甘酸っぱさで言えば酸味は少なく、スミレの香りが広がり続け、花を感じるヴィエノワズリー。



ミラベルのペイザンヌ:900円

かなりの重みがあります。


小さな果肉の中にギュッと凝縮されたような甘酸っぱさ。
イメージとしては梅と杏子の中間くらいで、甘みもしっかりあって特にクセもなく。

ほとんど食べる機会のない果物ですが、1度食べれば忘れないような味でもあります。


パンだけでも他とはいろいろ違いますが、最も印象的なのは香りの違いかなと。
もう、店の外に漂う香りからして別次元。

ひょっとしたら食感重視な人は萌えないのかもしれませんが、香りフェチなら悶絶間違いなしです。


スポンサーサイト

category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/2346-214cb167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム