FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

La ptisserie Dariole(岐阜県安八郡神戸町) 

2019/02/24 Sun 9:30訪問
ダリオール


続いて1年ぶりくらいにこちらへ。

開店同時に大勢の方がモーニング目当てに入店して驚き。
席が1つ空いているとの事で、そんなに良いのかと試しに食べてみました。



モーニング:500円

まあ、写真では見たことあって、だいたい予想してましたが、「パティスリーが作ったらこうなる」という物ではなく、見た目ではなく質の方で普通の喫茶店のクオリティ。

モーニングやランチ目当ての人と、お菓子目当ての人では全く層が違うと思われ、これでも良いのかなと。



気を取り直して4種5個をテイクアウト。



フレーズィエ:520円

こちらでは初めて。


生地はバスッとした歯応えとアーモンド香。
ムースリーヌは口当たりはバタークリームよりカスタード寄りで、濃厚さのある味わいにバニラ香も添加されて。

苺はちょっと弱いものの、喉奥に響くほどの洋酒の突き上げがあり、全体的に力強さは感じます。



パリブレスト:500円

正しい形ながら、むしろ珍しい感のある車輪型。


シュー生地は香ばしく、ガシッとした歯触りからクシュッとした噛み心地
プラリネ風味の軽い生クリーム、もう少しノワゼット風味のきいた味も口当たりも強いクリームも入っており。

食べにくいですが、この形に意味があると個人的には思っています。



タルトゥ・サンチャゴ:480円

これもこちらでは初めて、たぶん前日の売れ残り。

風味も食感もイメージより弱く軽くで、そのまま盛り上がらず終わる感じ。
焼きの問題なのか、それともアーモンドは何かブレンドしているのかなと感じるほど。

これはこれで悪くはないですが、この後プレリュードで買ったものと比べるとかなり劣る感じでした。



ガトーバスク・オ・ショコラ:460円

表面は歯応えあり、中はジトッとした口当たりで、味わいの強いチョコレートがどっしりと。
クリームはフランジパーヌになると思われますが、アーモンドよりカスタード感が強めに。

ちょっと重苦しくなりそうなところを柑橘の香りで緩和して、美味しく食べれますが、どうもガトーバスクと言われるとピンと来ない部分があります。


もし近所にあれば頻繁に通っても、遠くから目当てに行くにはという感じですが、価格比で言えば優良店であることは間違いないです。


スポンサーサイト

category: 岐阜

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/2375-a5f4eab1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム