FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

la gratitude(浜松市中区) 

2018/10/21 Sun 11:15訪問
ラ・グラティチュード


続いては今年7月オープンのパティスリーへ。

テナントの店舗で、隣はなかなか珍しいチーズ専門店、その隣は開店前から女性陣が何人も並んでいるレストランで、上手く共存できそうな立地。

ちなみにそのチーズ屋さんも気になったものの、日曜はお休みのようでした。

パティスリーの方は、オーナーシェフは初めてお店を出してまだ3ヶ月ほど、ほぼ1人でやられているみたいですが、失礼ながらちゃんと立派なケーキ屋さんしてました。



4品購入して近くの公園で。



マンゴーとフランボワーズの乙女心のムース:648円

どこか春っぽい見た目に加え、乙女心の名で、手を出して良いものか迷う商品。


生地のヘーゼルナッツからエネルギッシュな風味、カリカリした食感から好奇心が見え隠れ。
軽やかで陽気な気配を感じられるムースに、キュンとした甘酸っぱさのジュレ。

乙女心がそういう事か分かりませんが、とても明るさのある美味しいお菓子です。



ブレズィリアン:486円

コーヒーのムース&生地、トップにりんごのジュレ。


ムースは色合いの通りカフェラテ風、生地の方はもう少しビターに。
りんごが合っているのかは分かりませんが、浮いた感はなく、洋酒の香りは良い方向に。

味も食感もやや単調な面はありますが、このサイズなら飲み物くらいスッと終わるので問題なく。

ちなみに以前に他店にて、同品名でもちょっと構成が違う物を食べてますが、ずいぶん印象が違うなと。
どちらもオッ!という物ではないですが、こちらの方が食べやすさはありました。



スミレとカシスのタルト:540円


エグい色のカシスのアパレイユですが、滑らかな口当たりでマイルドな酸味。
ややアイボリーなホワイトチョコからふんわりとスミレの香り。

バランス的にはチョコレートが勝ち気味で、尖った部分はなく、まろやかさのある全体像。
某店のパンのように、もっとスミレの香りが支配的でも良いかなと思いましたが、ただの好みの問題です。



ガトーバスクショコラ:594円

そういう物もあるのは知ってましたが、初めて見ました。


パッと見チョコレートのみで、食べたらガトーバスク感があると思いきや、完全にチョコレート。
クリームにアーモンド系の風味は感じられず、その代わりにオレンジの香りがフワリと。

単調さはなく深みもあり、とても美味しいガトーショコラですが、ガトーバスクと名乗って良いのかなーと。
本物を知らないので何とも言えませんが、腑に落ちない部分はあります。


当然まだ手探り状態と思われますが、けっこう自由に楽しんでる感じもあったりで、面白いお店ができたなーと今後に期待が持てます。


スポンサーサイト



category: 静岡

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/2388-3f15ae06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム