FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Baguette(浜松市中区) 

2018/10/21 Sun 7:00訪問
バゲット


前日に続き、この日も浜松にサイクリング。
早朝出発して、本当か分かりませんが、朝5:30オープンと看板を出しているパン屋へ。

高級オシャレBoulangerieみたいな外観で、店内もそこそこの広さですが、朝早い時間だったのもあるのか商品は少なめで菓子パン・惣菜パンがメイン。

そして店名にもなっている看板商品と思われるバゲットは10:40の焼き上がりとの事で拍子抜け。

この時には食べてみたい物は全くなかったものの、せっかく来たので少しだけ。



クロワッサン:190円

大きく荒っぽく、あまり見ない作り。


大きいだけで軽く薄っぺらい事はなく、それなりの重みや質感。
成形と同様、食感も雑になりますが、味の方は控えめながらひと通り備わっているイメージ。

原材料に怪しさを感じる見た目と価格でしたが、特に問題なく、価格比であればそんなに悪くもない感じ。



アーモンド クロワッサン:210円

こちらはションソン型の作り。


トップのダマンドは焼き込まれてカリカリ香ばしく、中は強烈に甘さ押しの風味。
ラムの香りなどはなく甘ったるい駄菓子風味で、子供の頃に食べた記憶があるどこか懐かしい味。



フルーツクロワッサン ダークチェリー:240円


カスタードはあまり経験ないほど甘ったるく、クランブルもさらなる甘みをプラス。
チェリーはシロップ漬けされてますがキルシュでもなく、ただ甘いだけの全体像。



カスクート:430円

バゲットなかったのでバゲットサンドを。


当然ながらバゲットは前日の物で、さらに冷蔵しているので、風味や食感は悪くても仕方なし。
それを考慮しても味や香りにこれといった特徴は感じず、そのため具材の味を一切ジャマしない味でもあり。

具材の方はハム・チーズ・バターの既製品で、このお店の味とは関係ないですが、ちょっと塩気が強すぎ。
直後に他の物を食べるのは控えないといけないほど、舌がマヒしてしまうような食後感でした。


値段の安さを考えれば悪い部分もなく、ちょっと意味不明な例えですが、正統派な普通の町のパン屋さんというイメージでした。


スポンサーサイト



category: 静岡

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/2393-5110f4f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム