FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

2018シュトーレン 

去年はたくさん買ってみたシュトーレンですが、今年は1店のみで。



念願かなってパリの空の下の物を。
物理的にも重いですが、気持ちの上で圧倒的な重みを感じずにいられません。



外袋から出した瞬間、芳醇な香り爆発。


さらに内袋から出すと、脳天直撃して脳漿炸裂しそうな破壊的な香りがバッコーンと。


赤子のキリスト様をセンターに、ほとんどフリュイセックの群れ、エメラルドグリーンのドレンチェリー、いたるところにバニラの黒い粒々。

食感はクチュッとねっとりした口当たり。
果実味溢れる鮮烈な甘酸っぱさ、マジパンからは強いアーモンド香、芳醇なバニラの風味。

洋酒もガツンときいてるも、ラムなど分かりやすい香りはなく、強いスパイスの香りもなく。
それらがない上での強烈な香りは、バニラとフリュイセックの風味が主体で、恐ろしさすら感じます。

1日1切れずつ食べていくと、日に日に熟成されていくわけですが、1日単位の差だとそこまで分からず。
少し甘みが増したかなくらいで、変わらないのは毎日ビックリする香りのみ。


ちなみに、会社の子が取り寄せた北海道の有名どころのシュトーレンを1切れ貰いましたが、シナモンくさいスカスカな粉の塊にしか感じられず。

どちらが美味いかは人それぞれの好みですが、次元が違うものである事は誰にでも分かるレベル。
F1マシンと乗用車は、同じ自動車という乗り物ではあっても・・とか、そんな次元で違うかなと。

あー・・また戻れない道に進んでしまったなーという感じですが、悔いなどあるはずなく、残った思いはただただ幸福感のみです。


スポンサーサイト

category: パリの空の下

thread: 美味しかった♪  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/2492-ce2c85f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム