FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

MUSEE DE PARIS(名古屋市瑞穂区) 

2019/01/27 Sun 11:00訪問
ミュゼ・ドゥ・パリ


続いても初訪問のお店へ。
フランス菓子店とありますが、お菓子教室のよう外観で、中もお店っぽくない雰囲気。

メイン商品は種類豊富なコンフィチュールになるようで、その他に大量の試食も用意された焼き菓子、冷蔵庫のようなショーケースに入った少量の生菓子など。



ミルフィーユ:400円

オーダー後に組み立て。
正式品名もそんな言葉が付いてましたが、正確に覚えてないのでミルフィーユだけで。


パイ生地はしっかり焼き込まれて香ばしく、ほろ苦さのあるキャラメリゼも良い感じに。
カスタードはねっとり濃厚、少しわざとらしく感じるような甘みとバニラ香があり。

サイズはそんなに大きくないですが、この価格としてはお得のある味です。



リリッシュ・キャフェ:450円

1口食べるまで気付きませんでしたが、ちょっと前に浜松で食べたブレズィリアンと同じのよう。


適度な甘みと苦みのコーヒーのムースと生地、こちらはクリアな色合いの甘酸っぱいリンゴのジュレ。
わりと重みあるまったりしたコーヒーの味に、リンゴの甘酢っぱさ、ウイスキーの鼻に抜ける風味など加えられて。

浜松で食べた時も感じたのですが、味は単調な方で、食感の方もアクセントもなく軽く単調。
真っ先にそういう風に感じてしまうのは、個人的にあまり好みではないのだろうなと。



タルトレット・アプリコ:450円


杏子は単体で食べるのは厳しいくらいの強い酸味。
ダマンドもタルト生地もしっかり美味しいですが、何かもう少し欲しく感じる部分あり。



150gのコンフィチュールも2個購入。



ノルマンディーへの憧憬:650円

リンゴとリンゴ酒のジャム。
シャキッとした歯応えも残しつつの食感、柔らかな甘酸っぱさから鼻に抜けるカルヴァドスの香り。



アナナス・シトロン・ロムレザン:900円

パイナップルとレモンとラムレーズン。
繊維質を感じられるパインの食感、レモンの酸味が加わって、ガツンとラムがきいたレーズンの存在感も強めに。


昨年くらいにいろいろな媒体でお菓子を拝見した時は魅力的でしたが、今回は買いたいものがあまりなく、食べてもそんな感じで終わってしまいました。

また良いタイミングがあれば・・と言うところです。


スポンサーサイト



category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/2616-69cfec47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム