FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Pâtisserie an Du temps pour la maison(愛知県稲沢市) 

2019/02/23 Sat 10:15訪問
アン デュ トン プール ラ メゾン


稲沢市に少し入って2年ぶりにこちらへ。

見入ってしまうようなセンスの良い店内で、独特の空気感。
勝手なイメージですが、カフェ好きな女性なら入った瞬間もうOKになるであろう感じです。



今回は常温の焼きっぱなし菓子のみ6品。



タルト マロン エ ノワ:378円

薄くて軽いタルト生地にクルミのダックワーズがドンと乗って、栗の渋皮煮がゴロリと。

ダックワースはクシュッと軽い食感で、ジワッと広がるクルミの香ばしさ。
じっくり煮込まれた渋皮煮はほっこりしつつ、洋酒の香りの突き上げで風味良く。



タルト カシス アマンド:378円

こちらも軽いダックワーズ生地で、アーモンドの香りはそれほどなく。
ギュッとした酸味のカシスジュレがメインですが、食感が優しいせいか、柔らかな味わいに感じられ。



タルト ピスターシュ ダブリコ:378円

こちらも同じ構成。

ピスターシュのダックワーズはほぼ香りがないと言えるレベル。
杏子のジュレはトロピカルな香りもまとって、華やかで爽やかな甘酸っぱさ。



ケーク レザン:324円


詰まった生地でも食感は軽快さがあり、香り続けるシナモン、軽いラム漬けのみずみずしいレーズン。
甘み強めの生地にシナモンとレーズンの主張も強く、勢いがありつつも穏やかさが包み込むように。



グリオット ピスターシュ:302円


アパレイユはジトッとしつつホロホロ崩れ、ピスターシュの香りと言える物はないに等しく。
グリオットはみずみずしく、ブチュッと弾けるようにキルシュの香りと甘酢っぱさ。



キャラメル ノワゼット:335円

ねっとりしたチョコクリームはほろ苦さをまとって、しっとりした生地、ガツンと香るヘーゼルナッツクリーム。
かなり重厚なのですが、食べ終わる頃にはそれを忘れさせるような感もあり。


素朴な見た目のお菓子ながら、味わいは伸びやかさがあり、また素朴な方向に収束していくような感覚。
どこか消化不良と言うか物足りなさは残るものの、これはこれで存在感あります。

お店の雰囲気にも似たような、独特の世界観が出ているような印象でした。


スポンサーサイト

category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/2643-7c684dc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム