FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Prelude(岐阜県岐阜市) 

2019/02/24 Sun 10:30訪問
プレリュード


岐阜市に戻ってこちらへ。



必ずしも良い事であるとは限りませんが、やっぱり安いなーと。



フレーズィエ:497円


生地は軽いアーモンド風味に粒も入って。
ムースリーヌは固さを感じる入りからシュッと溶けていき、味も食感もバタークリームらしさが強めに。

ちょっと全体的に物足りなさを感じましたが、苺の頼りなさもクリームの風味不足も、適量に効かせた洋酒の香りでフォローして間違いない美味しさです。



シブスト・ポンム:540円

安心と信頼のシブーストは四角くなって、リンゴに変わって、パイ生地になって。
この日はシュワシュワ溶ける感じではなく、気持ちしっかりめの口当たりでコクも強く感じられ。

シブーストはこれとマロンとポワールのローテですかね。
好みは別として、このリンゴVer.が最も良くできている感じを受けます。



マルジョレーヌ:464円

古典菓子になると思いますが新商品とのこと。


生地はコシのあるマカロンみたいなイメージの食感で、たっぷりのナッツの風味とシナモンの香り。
クリームは中央のガナッシュをプラリネで挟み、さらにオレンジ風味のムースリーヌを上下に。

重苦しいイメージのマルジョレーヌですが、オレンジが明るさや華やかさを演出して食後感も良く。
正統なものとは違うと思いますが、こちらの方が食べやすく、最後まで美味しく食べれる印象でした。



スリー:464円

こちらでは初めてですが、この値段でいけるんだ・・と。


香り豊かなワインムースに華やかなフルーツ群、綺麗で爽やかな甘み。

オーダーし終わった直後に出てきて追加したのですが、まだ解凍しきれてない状態。
この後で常温にしばらく置いてから食べましたが、イートインだとけっこう危うかったのではないかなと。



ガトー・バスク:384円

いつもの通り、シンプルながら力強く迫るような旨みと香り。

もともとバニラ香るタイプではないですが、いよいよカスタードは玉子クリームになってきたかなと。
それでもこの価格帯の上限いっぱいか、それを超えるくらいの美味しさではあります。



タルト・サンチャゴ:1782円


みっちりと詰まったクリームはどこか粘性も感じられ、じわじわ盛り上がってくるような旨み。
今回は少しアマンドアメール香が弱かったようにも感じましたが、味わいの方はいつも通り。


振り返ってみると、3~4年前から値上げは1個あたり20~40円くらい。

原材料が高騰しても値上げが微増であるなら、その分の負担がかかっているか、どこかに影響は出さざるを得ない気もしますが、大丈夫なのかなと。

すでに老舗の域かもしれませんが、末永く存続してほしいお店です。


スポンサーサイト



category: プレリュード

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/2649-4ac0e3db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム