FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

シュトルーデル・パリニース 

「元はウイーン菓子で、薄い生地にフィリングを詰めて焼いたもの。
スタンダードな物はリンゴがメインで、レーズンやシナモンなどがアクセントに入る。」

というのが、シュトルーデルというお菓子をサラッと調べた結果です。



スタンダードな物でなく、こちらもパリニース仕様にて。
かなり大きいですが、そのサイズのイメージをも上回るずっしりした重み。



極薄な皮、みっちり詰まったリンゴ、とことん華やかなフリュイルージュの香り。



馴染んだ部分はマゼンタ系の色になり、妖艶な雰囲気を醸し出して。
生地はパリパリッとした質感を残し、少量なのがもったいなく感じさせるほどの旨み。



リンゴはジャキッと感じる部分もあり、トロンと感じる部分もありで、引き締まった食感から強い果実味。
フリュイルージュが鮮烈な香りを拡散しながら、最後はリンゴの味わいが鮮やかに戻ってきます。



クレームシャンティが付いてますが、ここにも惜しみなくバニラぶっ込んできます。



シュトルーデル単体だと酸味勝ちになってしまうところですが、まろやかな甘みと香りが加わってまた格別に。



さらに味を重ねてもまた違う表情が見られたりと。

1㎏級を全部食べても飽きることない、魅惑的なお菓子でした。


スポンサーサイト



category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/2678-915087d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム