FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

パリの空の下:初日の後編



タルトペイザンヌ:650円


地味ながら美しく力強く。

フィユタージュ生地はリンゴの蜜のような果汁をまとって、単なるサクサクとはまた違った食感に。
リンゴもフレッシュな果肉そのもののを味わえたり、火の入った質感を味わえたりと。

大まかに言って「リンゴ&生地」という形のパンとお菓子が何種類もありますが、どれもが全く別物になってしまうところに奥深さを感じます。



タルトタタン・キウイ:850円

初めて見る緑のタルトタタンにキウイトッピング。


春を感じさせるような爽やかな香りから、口に入れるとトロピカルにも感じる甘い香り。

タルトタタンなので紅玉ではあると思いますが、色のイメージもあってか違う品種を食べている感覚に。
酸味は穏やかで、清々しさにも感じられる甘みが入口から出口まで。

その不思議な味わいは普通に考えればキウイの風味が予想されますが、何か違うようなイメージで、結局分からないまま食べ終わってしまい、確かなことは美味しかっただけ・・ならば良しと。



タルトオランジェ:750円

表面にはオレンジの皮を連想させる質感をも表現されており。


ややねっとり感のあるクリームから発せられる香りと酸味は、爽やかな風がスーッと通り抜けるようなイメージ。
ビター感のあるオレンジに、クリームからの甘み成分が重なって、どっしりコク深い味わいに。

ホロッと崩れる浅い焼きのタルト生地が、味も色合いもビシッとマッチしています。



タルトレザン:750円


ブドウの品種は分かりませんが、ブチュッと弾けてかなり糖度の高い甘みがジュワッと。

ピスターシュはギャレットの物とは違うと思いますが、アロマティック系の鼻にツンとくる感じはなくジワッと柔らかく広がるような香り方で、こちらも何もかも分からないまま食べ終わる結果に。


未だに理解が追い付かないことばかりで、そうであるから毎回楽しみだらけなのです。


スポンサーサイト



category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/2689-098f27ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム