FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

2019GW旅行:3日目 

3日目は高松にて。

午後からの雨予報で、午前中は散歩くらいはできるかと、こんな機会でないと行かないであろう地に。



まず・・香川県の高松駅で、綺麗な駅です。



とりあえずうどんモーニングだろうと、駅前の早朝営業しているお店に向かうと朝7時から大行列。

もう1軒あるのですが、そちらは日・祝定休でGWもきっちりお休み。
たぶん、この手の観光客を相手にしないお店の方が優良店だろうなと。



で、駅構内の立ち食いうどんへ。
切符買わなくても、改札口でここに行くだけの券がもらえます。

あ、駅の立ち食いうどん食べるとは終わってるなと思われるかもしれませんが、先の行列店が運営しているようで、たぶん同じものが食べれます。



まあ、それなりに良いですが、さぬきうどんなんて1時間も並んで食べるものではないと断言でき、おそらく行列店もその程度か、もっと悪い可能性が高いです。


で、今日のメインは男木島・女木島という小さな離島に。
高松から離島に行く予備プランがあり、サイクリングなら小豆島、散歩にちょうど良い島ならその2島かなと。


ブラブラしながら20分ほど前にフェリー乗り場に行ってみると、すでに続々と乗り入れが始まっており、さらにチケット売り場に50人以上の行列。

こんなにいるの?これ全員乗れるの?それより間に合うの?そもそも島に面白いことあるの?と。



で、出発時間に間に合いはしたものの、だいぶ前で定員オーバーになり次便まで30分待ちとなりましたが、高松中心部はだいたいWi-Fi使えるようで助かります。



どちらの島へも行けますが、レディファーストで先に女木島へ、20分ほどで上陸。



別名:鬼ヶ島・・こんな所にあったのか!

なんか寒いので、まずは島の外周部をランニングしてみると8kmくらいでした。



続いて、特に見るところもない島なので登山。



鬼が出たら退治しようと思ってましたが、こんなのがいたら瞬殺されます。

ちなみに、サイクリングでも島の外周部1周すれば、何となく島を制した気分になりますが、それではまだ甘い。



一番高い所に登って見下ろすと、完全に制した気分になります。


続いて男木島へ。
こちらの方が大きな島で、観光客対象のお店も何軒かあり。

とりあえず坂を登れるだけ登ってみるも、山頂には行けないようで、島を制せず・・まあ、外周部も走ってないですが。

やはりやる事ないので、この2島で唯一の用事がある場所へ。



店主自ら現地で捕って捌いた猪肉を、ベアードビールとともに。
これだけで来たかいがあり、今日はここで完結しても良いくらいの素敵なお店でした。



あ、全く観てないですが、2島ともに一応イベント的なものはあったよう。

個人的には先のお店以外に特に見所はなかったものの、船に乗って離島に行くことはそれだけで非日常、気分も高揚します。



高松市街に戻って、ちょっとB級グルメも。

15時くらいに店を出ると雨が降ってきて、夕食時間まで宿で待機。


で、当初ここで予定のなかった夕食は、郷土料理と地酒みたいなお店を適当に歩きながら探そうかなと。



まずウォーミングアップ。

ビックリするほどマニアックなラインナップで、ここで終わっても良いくらいでしたが、ビールはどこでも飲め・・飲めないラインナップながら断腸の思いで次へ。

雨ですが、わりと長いアーケードがあり、そこを歩いていれば何とかなるかなと思ったものの、アーケード街にはそんなに良さげなお店はなく。

3軒入ってみたものの、予約制のお店だったり予約満席だったりで。



ちょっと作戦を練り直そうと、ひとまずこんな名のお店に入ってみたら・・



全くたいした麦酒も料理も置いてなく、ビールとギネスと言う、どこでもあるものを頼むハメに。

あ、これは悪い流れで完全にハマるパターンだと諦め、良い感じの日中から失意の夜となった3日目です。


スポンサーサイト

category: 旅行記

thread: 日記というか、雑記というか…  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/2811-b01496e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム