FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

タルト編

真夏の訪問は初めてだったようで、今回は全て初めていただける物となりました。



タルト・ペーシュドヴィーニュ:1000円

サラッと調べたところ「葡萄畑の桃」という事のよう。


深みのあるロゼ色のナパージュに、淡いロゼから紫っぽくなる果肉がとても魅惑的に。
上品な香りで、固めに感じるほどギュッと締まった食感があり、溢れる果汁からはキュッとする甘酸っぱさ。

日本の桃のように甘みに特化しておらず、むしろ酸味の方が強めで生食には向かなそうな印象ですが、やけに大量なピスターシュと相まって、昇天しそうな香り高さがあり。

ちなみに、この桃ってどこかで食べたことあるなと思ったら、以前オギノで食べたものがそうなのかなと。



タルト・ミルティーユ:850円

至極色と言ったりしますが、皮だけでなく中身まで深い紫色に強烈なアントシアニンを感じられ、ブルーベリーとは違う物であると理解できます。


華やかに香り、色合いの通り濃密な味わいがあるも、酸味は尖った感じではなく穏やかに。
ナパージュから甘みが補強され、果汁の染み渡ったダマンドからもマイルドな全体像に。

どこかサプリメント的にも感じられ、なおかつ美味しいと、ポジティブ要素しかありません。



タルト・フランボワーズ:850円

フランスのお店では当たり前のようにあるお菓子だそう。


たっぷりのフランボワーズにナパージュ、ピスターシュ一発と、構成としてはシンプル。

フランボワーズの味自体が相当な強さで、広がり続ける赤い果実の香り、伸び続けるような酸味。
その奔放さをピスターシュの甘みと芳醇な香りが受け止めて、生地の旨みも合わせての完全なるまとまり。



タルト・リンゼール:850円

一般的にリンツァートルテの名前で知られるお菓子ですかね。


格子状に模られた生地はホロッとして、粉っぽくなりすぎないギリギリの口当たり。
スパイスをビシッときかせており、鼻に抜ける香り、舌への刺激が心地よく。

濃厚なフランボワーズと相まって、強烈な味わいの印象を受けますが、エグミを感じないところに落ち着きます。


○○のタルトは○○が主役である事に間違いないですが、タルトとは全ての味わいをもってタルト、みたいな事を考えさせられる今回でした。


スポンサーサイト



category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/3046-39062316
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム