FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

タルト編



デフォルメした桃:850円

今回初めていただけました。


キャラメリゼが施された桃で、ジャクッ・ジュワッとみずみずしい食感。
火入れした桃がどういう感じになるのか分かりませんでしたが、生食よりもジューシーな印象に。

噛んでいくとトロンと蕩けるような質感になり、皮付きであった事を忘れてしまうほどに。
味の方も爽やかな香りから芳醇な甘みが溢れつつ、キャラメリゼからのほろ苦さで単調にならず。

香ばしいタルト生地、クラフティ風のアパレイユ、グリオットのアクセントと、素晴らしい一体感。
完熟桃はそのまま食べるのが最も良いと信じてましたが、完全に覆させられました。



秋姫のタルト:850円

こちらも初で、言うならばデフォルメしないスモモで良いのかなと。


こちらもジャクッとした歯応えから溢れる果汁、糖度は高いもののスッキリした甘み。
酸味もしっかりあり、高いバランスでどっしり深みある味わいは桃よりも好みな印象。

ナチュラルなピスターシュの芳香、生地の力強い旨みも引けを取らず、さらに高次元へ。



いちじくのタルト:900円

絵的にはタルト・フィグ・ポワールですかね。


引き締まった果肉のイチジクで、ギュッと噛んで跳ね返すような弾力、種もプチプチと弾けるように力強く。
洋酒か果汁由来か特定できませんでしたが、きっちり仕事がなされて甘みも引き出されており。

サイドに添えられたポワールから爽やかな甘み、ミルティーユから濃厚な甘酸っぱさ。
こちらもピスターシュ×生地の旨み×華やかな果実群での高次元のせめぎ合い。



タルト・レザン:900円

超大粒のナガノパープル。


みずみずしい果汁にさらにひと手間加えられ、噛んだ瞬間ブシュッと溢れるような果汁のシャワー。
爽やかな香りと豊かすぎる甘みで、ポリフェノールを感じ取れないほどの清々しさ。

大粒の果実に負けないようなタルト台で、バランス取るべくかピスターシュの方も濃厚な印象に。
全体的に甘みに偏るので単調な部分も少しあるも、それをも超越するホールで余裕で食べれそうな美味しさ。


今回もドラマチックでした。


スポンサーサイト



category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 2   

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2019/11/13 20:41 | edit

Re:

お、ついに来ましたか。おめでとうございます( ´∀`)
メールは僕は最初からずっと本名ですが、僕の場合はその時にはそれ以外の選択肢がなかったです。

hiccolo #- | URL | 2019/11/13 20:47 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/3163-cba7aee0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム