FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

タルト編



タルト・タタン:650円


紅玉のスカッと爽快感ある酸味に、砂糖甘みやバニラの香りが絡み合うように。
さらに生地からの小麦の旨み、芳醇なバターのコクもせめぎ合って、高まり続ける深い味わい。

今年もこのシーズンになったかと、特に季節感を味わえるスペシャリテ。



タルト・キャラメルポワール:750円


今回のポワールはやや固さもあり、ジャキッとした気持ち良いした歯応え。
爽やかな甘みのある味わいが溢れつつ、キャラメルのほんのりしたほろ苦さが追いかけて。

口に含んだ瞬間パッと分かりやすい美味しさがありつつ、余韻に奥深い美味しさがもう一発伸びてくるイメージ。



タルト・レザン・ミルティーユ:850円


黒系ぶどうの鮮やかな甘みと香り、溢れる果汁にコクも感じる味わい。
ミルティーユから爽やかな甘酸っぱさ、ピスターシュから魅惑的な風味も加わって。

今回ミルティーユが加わった事で、いよいよ完全無欠な華やかさに。



デフォルメした八戸産ネクタリン:850円


ザクッと小気味よい歯切れから、予想外の甘みとジューシーさを放つネクタリン。
ネクタリンってスモモに近いイメージでしたが、混乱してしまうような桃の味わい。

さらに軽いビター感の浅めのキャラメリゼ、玉子のコクたっぷりのアパレイユ、グリオットの刺激的な酸。
他にも判別不可能なスパイス感、グランマルニエっぽい風味も感じたりして、とにかく奥深さが凄まじいです。



栗のクレープ:1100円

生地もクリームもフランス・アルデッシュ産の栗を使用だそう。


生地はみっちり詰まった質感ながら、スッと気持ちの良い歯切れ、そこからもっちり感も。
粉の割合がどの程度か分かりませんが、小麦ではなく野趣のある栗の風味がじんわりと。

クリームはシャープな甘みと深みある旨み、鼻に抜けるダイレクトな栗の風味が心地よく。
生地とクリームのみのシンプルさでありながら、リッチな味わいで刺さるような美味しさ。


知っていたはずの果物の味、栗の味を変えてしまう美味しさです。


スポンサーサイト



category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/3239-fdcc9db1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム