FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

OGINO(東京都世田谷区) 

2019/11/23 Sat 19:00訪問
オギノ オーガニックレストラン


今回は12周年の記念ディナー。



いつもより気合いを感じるセッティングで。



赤ピーマンのムース ホタテとトリュフのタルタル コンソメゼリー掛け

ミルキーさにスポイルされる事なく、赤ピーマンの風味がしっかり主張するムース。
ダイス状のホタテやトリュフがゴロゴロと入って、プリプリボリボリした食感とともに重なり合う旨み。

コンソメジュレは動物系の臭みは全くないのに、濃厚なコクがドンときて直後にスッとしたキレ味へ。
そんな中でやや物足りない塩気はキャビアで補強されるという、何とも贅沢なヴェリーヌ。



ベリゴール産 鴨のフォアグラのテリーヌ 自家製ブリオッシュ


厚切りのブリオッシュの上に、さらに厚く切られた最高級のフォアグラ。
ねっとり濃厚すぎるコクから、蕩けながら軽快な風味に変わり、全く重苦しさのないフィニッシュへ。

さらに噛み千切る感覚を楽しめるくらいの厚みのトリュフが幸福感を増強。
あまりにシンプルでいて、それ以上が何も必要ない極まった1品。



トランペット茸のムースを詰めたヒラメのパイ包み焼き ソース・ショロン


サクサクパリパリと香ばしさ溢れるパイ生地。
中にはふんわりと仕上げられたクリーンな味の平目に、鼻孔を刺激する芳醇なトランペット茸のムース。

濃厚なコクと適度な酸味のソースが旨みを押し上げて、味・香り・食感とありとあらゆる楽しみがある魚料理。



鹿肉のように調理した牛フィレ肉 ソースポワヴラード キタアカリのグラタン・ドフィノワ


ガシッとした歯応えから野性味ある香りを感じ、本当に牛肉なのかと混乱するような入り。
肉の旨みと同時に赤ワインなど複雑な香味が入り混じり、1口ずつ噛みしめる度、先とはまた別の奥行きを感じられる深すぎる味わい。

まあ、無い知識で細かな事を考えても意味はなく、こんな調理があったのかと衝撃の美味しさ。
最初メニュー表を見た時に「え、牛ヒレ?どこでも食べれるじゃん」と思ってしまいましたが、未体験の料理でした。



レモングラスのクレーム・キャラメルとレモングラスのソルベ

トロトロではなくしっかりめの質感、ハーブ系の香りがフワリと。



ワインは分をわきまえてプルミエ・クリュで。
フリュイルージュ系を思わす明るい香りから、驚くほどクリーンで繊細な味わい。

純情可憐とか純粋無垢という言葉が浮かんでしまうほどで、この日の料理に合ったか分かりませんが、毎回これ飲んでも良いかなと思う素晴らしさ。



恒例の蒲郡みかんを食べて終わり。

今年も悶絶しまくりのコースでした。


スポンサーサイト



category: オギノ

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/3303-8de61f87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム