食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Patisserie Abondance(浜松市中区) 

2015/01/12 Mon 10:15訪問
アボンドンス

original.jpg
浜松にお出かけし、フランス人オーナーシェフの静岡県西部では最も人気のケーキ店へ。
外観・内装が鮮やかなブルーで、青いケーキ屋さんな印象です。

テイクアウトのみの小さなお店ですが、お客さんは次々と。
この日はシェフはいなかったですが、自ら流暢な日本語で気さくに接客してくれることも多いです。

昔から好きなお店でしたが、今回は数年ぶりの訪問になりました。



4点購入して自宅にて。


シュープレーム:454円


「最高の」の意味を持つ、このお店の看板商品。
ナッツのダックワーズ生地の中に、プルプルとしたバニラクリーム。

生地は薄くて柔らかめ。バニラクリームはそれほど濃厚ではないものの、しっかりした風味で香りが良く。
全体的に軽くて後味もあっさりし、上品な味わいです。



ノワゼット:497円


香ばしいヘーゼルナッツの生地の土台に、ねっとり濃厚なミルクチョコのガナッシュ。

チョコの味が強く、ヘーゼルナッツの品名ながらチョコケーキであり、ナッツはーアクセントの感じ。
シンプルで間違いのない組み合わせで、濃厚ながらクセがなく食べやすいです。



アゼリ:475円


アーモンドとヘーゼルナッツのケーキ。

上中下に薄いダックワーズ生地で、間にナッツのクリーム。
クリームはザラザラッとした食感から、粒もカリッとしてナッツの風味は良く。

これと言った特徴はないですが、ピーナッツバターが好きな人なら良さそうな感じがします。



ルビー:518円

ピスタチオのムースとベリーのゼリー。
昔からこのお店で1番好きなケーキで、うっかり断面図の写真を撮り忘れて食べてしまいました。

ムースはピスタチオですが味は薄く、意識しても分かりにくいほど。
バニラビーンズがきいてバニラのムースに感じるので、ピスタチオと思って食べると微妙です。

ベリーのゼリーも強い酸味もなくアクセント程度。
あっさりして軽く、捉え方によってはパッとしませんが、不思議と何個でも食べたくなる美味しさがあります。


フランス人シェフのお店ですが、クラッシックなフランス菓子ではなく、日本人好みにアレンジしてる感じです。

以前シェフに「多くの素材を組み合わせず、できるだけ2つにしている」みたいなことを聞いたことがあり、全体的に分かりやすい味であっさりして軽く、後味もすっきりして上品なものが多いです。

ケーキは小さめで単価は500円前後なので、この辺りではかなり高めの設定ですが、浜松市街地まで来ることがあれば必ず寄りたいお店です (´∀`)



2015年1月12日
アボンドンス(中区:ケーキ)
石松(浜北区:餃子)
ラ・ポネット(浜北区:ケーキ)
プティ・デリス (浜北区:ケーキ)
静岡県立森林公園(浜北区:ランニング)


スポンサーサイト

category: 静岡

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

tag: ☆_アボンドンス(静岡:ケーキ) 
TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/336-c814d0b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

個人的☆付き店

月別アーカイブ

検索フォーム