FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Boulangerie Sous le ciel de Paris(東京都世田谷区) 

ノエルサンドイッチその2



シャロレー牛 ペルシェのロティ:1600+700円

こちらもプレミアム定番のシャロレー牛で、さらに希少部位のザブトン。


焼き色の付いた部分は食欲をそそりすぎる香ばしさ、中はあっさりした入りから凝縮された風味がブワッと。
噛めば噛むほどクリーンかつ濃厚な旨みが広がって、飲み込んだ後はさらにその奥もありそうな感覚に。

味付けは極めてシンプルでも、臭みのない綺麗な肉の旨みだけで成立。
やはり牛肉は赤身の旨さあってこそで、霜降りって肉ではなよいねと痛感させるような味わい。



ブッフ・ブルギニオン モルヴァンの森のキノコ風味:2000+700円


ボコボコッと入った分厚い肉は赤ワインの果実味をまとってキリッとシャープに。
コクのあるソースから野性味あるキノコの風味が重なり、さらに分厚いトリュフがダイレクトに。

これよりもリッチなブッフ・ブルギニオンって存在するのかなと思うほど、いろいろと詰まりすぎた煮込み系。



ミラノ風乳飲み仔牛タンシチュー 仏産モリーユ入り:1800円


煮込まれたタンはしなやかにホロッと崩れたかと思えば、ミシリと繊維を噛み千切るような力強い食感も。
乳飲み仔牛のせいかタン特有のクセもなく、ミルキーさも伝わってフレッシュな味わい。

ソースの方もまろやかなミルク感とトマトの酸味、それを覆いつくすようなモリーユ茸の芳醇な香り。
ときおりコロッとモリーユ茸の塊そのものもカットインし、贅沢極まりない一体感。


焼きも煮込みも、技術の秀逸さ爆発の第2段です。


スポンサーサイト



category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/3386-c7932e03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム