FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Dessert 

2月分は3種類4品をいただけました。



クロカン・キャラメル:650円

大まかに言えば上からグラサージュ、ショコラムース、ビスキュイショコラ、キャラメル、ビスキュイの構成。


第一印象はとにかく濃厚重厚。
トップのグラサージュだけでも濃厚なところに別のショコラが重なり、さらにキャラメルやプラリネの味も加わって。

キャラメル部にライスクラッカーなる物が埋め込まれており、味と食感に素軽さのアクセントを出すも、どこかポン菓子風のチープなスカスカ感で個人的には好ましくない印象。

それでもこちらだけ2つあったのでいっぺんに食べましたが、2個食べ切れるくらいの美味しさではありました。



トゥルトゥ・オ・フィグ:500円

生地で覆ったタイプのタルト。


品名のままイチジクのタルトという感じではなく、リンゴやレーズンも主張し、クセのあるスパイス感も前面に。
そんないろいろな物が入り混じって複雑な味わいながら、食べにくいという事もなく、まとまりはあるのかなと。

個人的な経験上で、複雑だけど美味しく感じる物と、重なりすぎて何がメインかよく分からない物があり。
これは完全に後者でしたが、あまり深く考えなければ美味しく食べれた気もします。



ビニュ・ドゥ・リヨン:300円

揚げ菓子で、リヨン地方でのマルディグラ用お菓子?

食感はホロッと崩れてボソッとし、ピーナッツオイルで揚げてあるという事でそういった風味もほんのりと。
砂糖やバターで甘くこってりした味わいに、まったりしたオレンジフラワーの香りが重なって相応の重厚感に。

特に美味しいという感じではなく、そういう意図のお菓子でもないかなと。
もっとも本来の形なのかも分かりませんが、マニアックな物を1度食べれて良かったです。


今回頂いた3品はそれぞれ方向性の違うクセがあるタイプで、絶対に万人受けしないだろうなと。
万人を対象にしてないので正しいのですが、ガチマニアばかりが食べているイメージもないので、これでいいのかなーと。

僕のような素人には複雑すぎて理解が追い付かない今回の3品でしたが、刺激的であり、いつも良い体験です。


スポンサーサイト



category: 愛知

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/3524-a40aac32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム