FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

Pâtisserie Noliette(東京都世田谷区) 

2020/02/24 Mon 11:00訪問
ノリエット


最後は下高井戸のお店へ。

ゴチャついた立地にある特別大きくない店舗ですが、オーボンヴュータン以上に何から何まで売っており。
ちょっと引くレベルでしたが、店の前によく乗り込まれたロードバイクが置いてあった1点だけに好印象。



ノリエット:540円

運搬中にちょっと生クリームが崩れました。


まずその生クリームだけをパクッと口に入れると無糖で、妙な違和感。

チョコレート部はガシッホロッとして、味的にたぶんヴァローナかなと。
個人的にはヴァローナだからNGという概念はないですが、食後にしばらく重く残る感覚が強めにあり。

その分で生クリームも無糖の方がバランス良いのかもしれませんが、そもそも無糖のクリームって美味しくないので、最後まで違和感が拭えず。

普通のガトーショコラであれば美味しい方ですが、価格には合わないかなと。



デリス:540円


フランボワーズと思ったらカシスで、そのわりに酸味を含めた風味は控えめに。
アーモンドのビスキュイは味だけは濃く、そこにバタークリームが重なって、分かりやすい美味しさはあり。



ガトーマルジョレーヌ:572円


上からナイフを入れても崩れないくらい、生地もクリームもしっかりしたタイプ。

生地はヘーゼルナッツの風味強めに、シャンティは超微糖くらいのイメージ。
プラリネとショコラのクリームは軽すぎず濃厚すぎずのバランスで、味も食感も締まったような感覚に。



サヴァラン・ミュスカ:572円


ワインをたっぷり染み込ませたブリオッシュに、3種のレーズンもたっぷりと。
縁を覆ったカスタードはなかなか美味しく、生クリームの方はここでもイマイチ味気なく。

シロップにミュスカらしき風味はあるも、シロップ中の割合としてはあまり多くないかなと。
ミュスカとは別でライトなぶどうジュースの味を強く感じ、スッキリした甘み押しで味としては良い感じに。



フィナンシェ:270円

ベタつくような焦がしバターとチープなアーモンド香。
見た目からイメージするような焦げ感はないものの、こってりとして甘ったるさが際立つ印象。



マドレーヌ:270円

こちらも焦がしバターっぽく濃厚に。
ハチミツ甘みと軽めのレモンの香りで、フィナンシェより少し食べやすさはあり。


また行きたいとか食べたいという感じでもないですが、生菓子は個人的にはそんなにハズれなそうな印象でした。


スポンサーサイト



category: 東京

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/3586-4e5f6f2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム