FC2ブログ

食べ走り人間の備忘録

旅行・グルメ・トレーニングの記録 食って走って・走って飲んで

八戸苺タルト2020冬 

冬苺バージョン。



綺麗な盛り付けであったと思いますが、うっかり崩してしまいました。



大粒の苺が、隙間なく並んで上まで乗ってぎっしりと。
重量測ってみようと思いつつ忘れましたが、何グラムあるのかと思うほどの重み。



八戸苺の華やかな香り、さらに上乗せされるマラデボアの濃厚な香り。
苺の香りでラリる事もありえるか?と思うほど、何かが壊れたり溶けたりしそうなほどの香り。



そこにピスターシュのタルトの味と香りも加わって完全無欠に。

しかしこれどうやって食べればいいのかとの疑問。
大きな苺を1つ食べるとすると、タルトまで一緒に口に入れてスムーズに食べるのは難しい。

と、思いつつ、ひとまず苺だけ食べていたら、もうその手を止める事が難しくなるという結果に。
手が付けられないほどに手を付けてしまう、恐るべき魔力。



で、こんな形になってしまうのですが、これが商品であっても何の不満も欠点もありません。


昔から苺自体ってそんなに好きでなく、基本的に何か付けたり加工して食べる果物なので、単体でそこまで美味しくなく、味よりも華やかさや香りの良さの果物のイメージだったのですよね。

そして八戸の苺が良いなんて話も聞いた事ありませんでしたが、一般流通してないなら知る由も無いよなと。

長年持っていた苺の概念を全てひっくり返す、究極の苺タルトです。


スポンサーサイト



category: パリの空の下

thread: こんな店に行ってきました  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiccolo.blog.fc2.com/tb.php/3600-219740ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

クラフトビール

月別アーカイブ

検索フォーム